医師が教える! 脂肪吸引完全ガイド 医師が教える! 脂肪吸引完全ガイド
脂肪吸引完全ガイド » 部分痩せNews! » 二の腕が太る原因

登録日:|更新日:

- 登録日: - 更新日:

二の腕が太る原因

二の腕 二の腕

二の腕は太りやすいと感じている人は多くいるはず。それもそのはず、二の腕は非常に脂肪がつきやすい部分です。しかし、二の腕が太ってしまう原因は他にもありますので、その原因を5つご紹介します。

対策についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

二の腕が太る原因

二の腕が太ってしまう原因はさまざま。その理由と対策について説明していきます。

二の腕が太る理由その①:脂肪が蓄積してしまうから

まず、第一の原因として「二の腕に脂肪が蓄積してしまい、太くなってしまう」ということがあります。消費カロリーより摂取カロリーが多くなれば、当然二の腕も太くなってしまいますよね。

二の腕は、肘下などに比べると比較的脂肪がつきやすい部分です。そのため、体全体に脂肪がついた時には二の腕の脂肪も増えてしまうため、非常に注意が必要。

対策

まずは摂取カロリーと消費カロリーのバランスを見直し、カロリーオーバーしている場合には、まずは摂取カロリーを減らしてみましょう。また、運動で消費カロリーを増やすのもひとつの手。

ただし急に激しい運動を始めてしまうと体に負担がかかりやすいですし、三日坊主で終わる可能性もあります。運動を継続するためには無理のない範囲で行うこと。ウォーキングなど軽めの運動から始めてみると良いでしょう。

二の腕が太る理由その②:皮膚のたるみや筋肉の衰え

30代になって、昔はなかった二の腕のたるみに気づいた人もいるのではないでしょうか。体重は変わらないのに、皮膚や筋肉のたるみが起こってしまい、二の腕が太くなったと感じる場合があります。特に二の腕の皮膚を引っ張った時に伸びるようであれば、かなり皮膚がたるんでしまっていると考えて間違いないでしょう。

さらに二の腕の筋肉も衰えやすい部位です。二の腕には「上腕三頭筋」と呼ばれる筋肉がありますが、この部分はほとんど使われない筋肉。例えば後ろ手で何かを持ち上げた時や高いところにあるものを取る時に使われるので、普段はほぼ使われないと言っても過言ではありません。そのため二の腕にある筋肉は衰えやすく、結果的に二の腕が太くなってしまうのです。

対策

太くなってしまった二の腕をほっそりさせるには、上腕三頭筋を鍛えるのが非常に効果的。

簡単にできる方法としては、「壁を使った腕立て伏せ」がおすすめです。肩幅より広めに開いた両手を壁につけ、ゆっくりと肘を曲げ、曲げ切ったらゆっくりと腕を伸ばしていくことで、二の腕の筋肉を鍛えられます。

ポイントとしては、肘を曲げるときは息を吸いながら、そして肘を伸ばす時には息を吐きながら行うこと。また、背中は丸めないよう、良い姿勢を意識しながら行ってください。

二の腕が太る理由その③:姿勢の悪さ

猫背や巻き肩と言った姿勢の悪さも二の腕に影響を与えます。姿勢が悪いと、鎖骨の周りや脇の下が圧迫されてしまいます。この部分にはリンパ節があるため、圧迫されることでリンパの流れが滞ってしまいます。

リンパの流れが悪くなると、老廃物など排出されないためにむくみが起きやすくなります。

そのため、二の腕が太くなった、と感じている場合でも、実は二の腕がむくんでいるだけという可能性も。ただし、むくみはセルライトを生む原因にもなってしまうため、早めに解消しておきたいところです。

姿勢を確認する場合には、壁を使ったチェックがおすすめ。頭・背中・おしり・かかとの4点を壁につけて立った時に頭やおしりが壁から離れ流場合には猫背である可能性が高いです。ポイントとしては、無理に壁に4点をつけようとするのではなく、体の力を抜いて自然に立つようにすること。

また、頭もおしりも壁にはついているものの、どちらかが離れていた方が楽に立てる場合には、猫背予備軍である可能性が高いです。

対策

まずは良い姿勢を心がけましょう。ただし、自分では良い姿勢を保っていると思っていても、他から見ると悪い姿勢の場合が良くあります。そのため、他の人にチェックをしてもらったり、自分で鏡を見て姿勢を正すことが必要です。

また、姿勢の悪さは筋肉の衰えからきている場合もあるため、タオルなどを使ったストレッチもおすすめ。

  1. 2枚重ねたバスタオルを筒状に丸め、床に置いてその上に寝転がります。タオルの上に胸がくるようにします。
  2. その体勢のまま、大の字になって全身の力を抜くだけ。伸びている部分を意識しながら2分ほどキープします。

このストレッチを行うことで、衰えてしまっている背中の筋肉を刺激し、徐々に猫背や姿勢の悪さも改善されていきます。

二の腕が太る理由その④:筋肉量の低下によるむくみ

二の腕にある上腕三頭筋はあまり使われない筋肉であるため、衰えやすいことは説明た通りですが、筋肉が衰えると老廃物を運んでくれるリンパ液の流れも悪くなります。

リンパの流れが悪くなると、老廃物が排出されないためむくみの原因に。脂肪だと思っていても実はむくんでしまっているケースもよくあります。また、塩分や糖分の過剰摂取、水分不足の場合にもむくみが起きやすくなります。

対策

むくみを解消するためには、マッサージがおすすめ。手首から肘、肘から肩にかけて、痛くない程度に圧をかけながらマッサージをしてあげましょう。リンパの流れを促すことで、老廃物を排出する手助けできます。

また、塩分や糖分の過剰摂取にも注意したいところ。塩分は摂取を控えるとともにカリウムを多く含む食品を取り入れることで排出できるようになります。ただし、糖分については体内で分解するしかないため、過剰な摂取には注意しましょう。

また、むくみを気にして水分摂取を控えるのは逆効果。

水分が足りなくなると、体は余計に水分を溜め込もうとするためです。そのため、むくみを解消するためには、意識的に水分摂取を行う必要があります。1時間にこのくらい水分を摂る、と自分の中でルールを決めると比較的水分不足を解消しやすいでしょう。この時に摂取するのは、砂糖が入っていないものにしてくださいね。

二の腕が太る理由その⑤:セルライトがついてしまっているから

セルライトも二の腕を太くする原因。本来排出されるはずだった老廃物が何らかの理由で体の中にとどまってしまい、脂肪に絡みつくことでセルライトが生み出されてしまいます。二の腕をぎゅっと掴んだ時にぼこぼこした感触があったら、二の腕にもセルライトがついてしまっています。

セルライトができてしまう原因はさまざまなものがあります。

  • 消費カロリーより摂取カロリーの方が多い
  • 猫背や巻き肩など姿勢が悪い
  • 体が冷えている
  • むくみによるもの

これらは全て血流やリンパの流れを滞らせ、老廃物がうまく排出されない原因となってしまうもの。そのため、一つでも心当たりがある人は注意する必要があります。

対策

セルライトは、普通の脂肪と比較すると非常に落としにくいものであるとされています。そのため、まずはセルライトがつかないような生活を送りましょう。

さらに、むくみを取るのと同様にマッサージもおすすめ。手首から肘、肘から肩にかけて痛くない程度に圧をかけながらマッサージをすることで、ひどくないセルライトであれば少しずつ解消できる可能性があります。

ここまで見てきたように、二の腕が太くなってしまうのには、さまざまな要因が絡み合っていることがわかります。まずは二の腕が太くならないような生活習慣を心がけることが大切と言えるでしょう。

記事タイトルとURLをコピーする

CATEGORY