医師監修・図解で知る、脂肪吸引がわかるサイト 医師監修・図解で知る、脂肪吸引がわかるサイト
医師監修・図解で知る、脂肪吸引がわかるサイト » 部分痩せNews! » 下腹部を引き締めたい!下腹部の脂肪がつきやすい6つの理由

登録日:|更新日:

- 登録日: - 更新日:

下腹部を引き締めたい!下腹部の脂肪がつきやすい6つの理由

手足はほっそりしているのに、下腹部だけ何を頑張っても痩せないと思ったことはありませんか?下腹部は太ったときに、もっとも脂肪がつきやすい部分です。また、食べ過ぎたり、水分をとり過ぎたときにも、ポッコリと膨らみやすい。そこで、下腹部に脂肪がつきやすい理由について、解説していきます。

下腹部に脂肪がつきやすい理由

どんなに腹筋を頑張っても、食事制限をしてもお腹が痩せない。その原因によって、下腹部痩せの取り組み方が変わってきます。まずは、どのような原因があるのか見ていきましょう。

筋力低下

腹筋の中には、深層筋といわれるインナーマッスルがあります。そのインナーマッスルが弱くなると、内臓を支えることができず、下腹部だけがポッコリとした状態で、脂肪がつきやすくなります。常に猫背であるような姿勢が悪い人や呼吸が浅い人などは、インナーマッスルが緩くなってしまうことがあります。

骨盤の歪み

骨盤とポッコリお腹は深い関係性をもっています。骨盤を引き締めると痩せやすくなるというのは、本当で、骨盤が歪んだり開いたりしている不安定な状態であれば、内蔵が下にさがりやすくなります。産後の女性は骨盤が開いた状態なので、お腹がぽっこりしやすくなります。

皮下脂肪

特に女性のほうがお腹に脂肪がつきやすいといわれています。また、一度、脂肪がついた状態が溜まってしまうとなかなか燃焼しにくいのが皮下脂肪の特徴です。食べ過ぎや運動不足などが続くと、お腹の脂肪はたまりやすく、とれにくい状態になります。

内蔵脂肪

内臓脂肪は、女性よりも男性に多く、食生活の乱れや運動不足などが原因です。また男性は特に、仕事上の付き合いなどで外食をする機会が多く、食べ過ぎや飲み過ぎという生活スタイルになってしまう方も多いでしょう。脂肪分が多いものを好んだり、アルコールが好きな人はカロリーオーバーとなり、内臓脂肪として、溜まっていくので注意が必要です。

たるみ/むくみ

女性の多くが冷え症に悩んでいるといわれています。特に下腹部の冷えが気になる方は、皮下脂肪が付きやすく、お腹の「たるみ」や「むくみ」の原因になりやすいです。下着のあとなどがつきやすい方は、むくみやすい体質です。

腸内環境

腸内環境がよくない方、便秘になりやすい方などは、ガスや便が腸内にたまることで、お腹がぽっこりしやすくなります。また、腸内環境が悪化すると、腸が腫れ上がってしまうので、よりお腹が膨らんでいるように見えます。この場合は、腸内環境を整えることで、改善されます。

全部見せます!【部位別】脂肪吸引体験レポート

記事タイトルとURLをコピーする

CATEGORY