医師監修・図解で知る、脂肪吸引がわかるサイト 医師監修・図解で知る、脂肪吸引がわかるサイト
医師監修・図解で知る、脂肪吸引がわかるサイト » 部分痩せNews! » 運動が苦手でもダイエット機械を使えば痩せられる?

登録日:|更新日:

- 登録日: - 更新日:

運動が苦手でもダイエット機械を使えば痩せられる?

運動が苦手で、なかなかダイエットが長続き出来ない人って多いですよね。

ストレスをためながらのダイエットはリバウンドの危険もあるので、運動はダイエットの機械に頼るのも1つの方法です。

ダイエットの機械なら、プロのスポーツ選手並みの筋トレが簡単にできるのでおすすめです。

アマゾンで人気のあるダイエット器具をリサーチ

ダイエットの機械と言っても色々な商品があって、いざ購入しようと思うとどれを買おうか悩んでしまいますよね。

痩せたい部位や目的によっても違ってきますが、アマゾンで人気のダイエット器具を紹介します。

振動マシン ぶるぶる

ただ、マシーンに乗って立つだけで機械が動いてくれます!

このマシーンの凄いところは、ダイエットだけじゃなく胃や腸が動くことで便秘の改善やデトックス効果もあることです。

しかも、自分は乗ってるだけなのに筋肉痛になるほど!

口コミ

清掃の仕事をしていて、年々足腰、肩、腕、指先と負担がかなり掛かっているようで、帰宅するとあちこちが強張った感じの疲れでグッタリしてしまいます。何か全身をリセットできるような物がないか検索をしていて、この振動マシンに出会いました。
引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3JO60SQ8HZJWS/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B07RXSCZ21

シックスパッド フットフィット(SIXPAD Foot Fit)

集中的に下半身のダイエットをしたい方には、座ってるだけで足のトレーニングができる「シックスパッド フットフィット」がおすすめです。

ウォーキングやジョギングが苦手で長続きしない方も、テレビを見ながら、本を読みながら、下半身ダイエットができるなんて夢のような機械ですよね。

口コミ

ダイエットのために購入してすぐに届きましたので、早速使ってみました!これは6つモード、10レベル強度で自分の好みに合わせて使用することが出来るので、痛くて使えなかったり、弱すぎたりすることなく使用出来ます
引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RXMIJMX2NNFVN/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B07WK5HW3K

腹筋ベルト SHEON

筋トレしたい部分にパッドを貼れば無害の弱電気で筋肉がピクピク動いて脂肪を燃焼させます。

その振動は1分間で4200回!自転車15kmに相当する運動量とカロリー消費が可能なんて、もはや人間業ではありません。

服の下に貼っても目立たないので、通勤時間などを筋トレタイムにするのもありです!

口コミ

私は酷い冷え症で、まだ10月の半ばから秋なのに毎日毛布を3枚かけてモコモコのフードつきの上着を着て、さらにその上から着る毛布を着て寝てました。仕事も座り仕事なのでかなり運動不足が気になってるのもあり、物凄く高いなと思いつつ思い切って購入してみました。
引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R20TN7HVK0UNB1/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B07J2P7D43

セルライト ケア

身体に付いたセルライトは、見た目もボコボコで人の視線が気になりますよね。

セルライトケアは、これ1つでEMSパルス、LED光エステ 振動マッサージーの3役をこなし、気になる部分のセルライトを温めながら解消していきます。

二の腕、太もも、フェイスラインなど、脂肪が付きやすく落ちにくい場所ほど使いたい器具!

口コミ

年齢と共にお腹やモモに脂肪がついてきてこのままではマズイと思い、試しに使ってみました。振動がちょっと苦手な私ですが不快を感じずに使えています。
引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R37D70IYOGXHU7/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B07CTGRX84

ダイエット器具を選ぶときの注意点

ダイエットと言っても、体重を落としたい、部分的に細くしたいなど目的は違い、痩せたい部位も人それぞれです。

ダイエット器具を選ぶときは、痩せたい部位や目的に合ったものを選びましょう。

ダイエット器具を使ってダイエットするときの注意点

運動が苦手な方が無理して過度な運動をしてストレスをためるよりは器具を使った方が長続きできますが、ダイエット器具はあくまでも筋トレのサポートをする物なので、バランスの良い食事を摂ることと、無理のない適度な運動も必要です。

ダイエット中は特に高たんぱく質で脂質や炭水化物を控えめにした食事を摂ることを心がけましょう。

全部見せます!【部位別】脂肪吸引体験レポート

記事タイトルとURLをコピーする

CATEGORY