医師監修・図解で知る、脂肪吸引がわかるサイト 医師監修・図解で知る、脂肪吸引がわかるサイト

登録日:|更新日:

- 登録日: - 更新日:

お尻を鍛えて美尻にしたい!

魅力的なお尻を手に入れるために、お尻を鍛えませんか?今回は、鍛えて美尻になるために知っておくべき大臀筋について詳しく解説。そして、お尻を鍛える効果的なトレーニングもご紹介しますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

お尻を鍛える上で絶対に知っておくべき「大臀筋」

お尻は3種類の筋肉によって形成されており、大臀筋はそのうちの一つです。大臀筋は三つの筋肉の中でも最も大きな筋肉ですので、大臀筋を鍛えることでお尻の形を美しく整えることができます。

大臀筋を鍛えるとどうなる?

脂肪が落ちやすくなる

大臀筋を鍛えることで、お尻の下や横についているムダな脂肪が落ちやすくなります。また、お尻が上の方に持ち上がることで、脂肪によってできたたるみを改善することが可能。

代謝がアップする

大腿筋は最も大きな筋肉ですので、大腿筋を鍛えることで基礎代謝を上げることが可能です。代謝が上がると、痩せやすい体質になれます!

くびれができる

大臀筋を鍛えることで、くびれを作ることもできます!大殿筋は骨盤につながっているため、大臀筋を鍛えることで骨盤が刺激され、ウエストが引き締まるのです。

お尻を鍛えるトレーニング

スクワット

直立し、足を肩幅ほど広げ、つま先をやや外の方に向けます。次に、息を吸いながらひざを曲げましょう。床とひざを平行にすることがポイントです。今度は息を吐きながら、ゆっくりと直立姿勢に戻りましょう。正しいフォームで行うことで、高い効果を期待することができます。

ワイドスクワット

背筋を伸ばして直立し、足を肩幅よりも大きく広げましょう。次につま先を45度外の方へ向けます。今度はひざをつま先と同じ方向に曲げ、床と太ももが平行になるようにスクワットをします。ポイントは、正しいフォームを意識することと、お尻を引き締めながら行うことです。

プランク

お尻だけでなく、全身を鍛えることが可能なポーズです。まずうつ伏せになります。ひじを肩の真下に置き、両ひじとつま先を床につけながら体を持ち上げ、キープしましょう。初めてプランクを行う方は、キープ時間は30秒を目指すのが良いです。キープしている間は、息を止めず呼吸をするようにしましょう。

バックキック

四つん這いになります。右ひざを伸ばし、右足を後ろの方へ蹴り上げ、右ひざを床に下ろします。左足も同様に行ってください。お腹と背筋に力を入れると、バランスを保ちやすくなり、より効果を高めることができます。

ヒップエクステンション

バックキックが難しくて出来ない方に取り組んでいただきたいエクササイズです。まず四つん這いになります。両手と両ひざを肩幅くらいにセット。右足を伸ばして腰の高さまで引き上げ、右足をゆっくりと下ろします。左足も同様に行いましょう。

全部見せます!【部位別】脂肪吸引体験レポート

記事タイトルとURLをコピーする

CATEGORY