大阪の名医が教える!脂肪吸引のすべてがわかる完全ガイド 大阪の名医が教える!脂肪吸引のすべてがわかる完全ガイド
医師監修・図解で知る、脂肪吸引がわかるサイト » 部分痩せNews! » ダイエットで部分痩せが不可能な理由

登録日:|更新日:

- 登録日: - 更新日:

ダイエットで部分痩せが不可能な理由

「二の腕だけ細くしたい…」「太ももさえ細ければ、もっとスタイルが良くなるのに…」「お腹周りに脂肪がついてきた。お腹周りだけ痩せたい!」などなど、部分痩せを希望する人は少なくありません。

体型や脂肪のつき方は人それぞれですが、理想のボディラインに近づくためには「この部位はもう少し細く、この部位はもっともっと細く!」と部位ごとにサイズダウンしたい幅が異なるでしょう。雑誌やインターネットでも「二の腕を細くするエクササイズ」「ウエストを細くするエクササイズ」などを紹介していますし、部分痩せは可能なんだ!と思ってしまいますよね。

部分痩せはできる?できない?

まずここでは、“部分痩せ=ある一定の部位の体脂肪を落とすこと”と捉えて解説をします。
たとえば、「全体的には太っていないけれど二の腕のお肉だけが気になる…」「お腹周りのぜい肉がとくにたくさんついているから集中的に落としたい…」など、体の一部分だけを、しかも狙い撃ちしたかのように脂肪を落とせるのか?!ということですね。

部分痩せが可能であれば理想のボディラインにぐんと近づけますから、ぜひとも部分痩せにチャレンジしてみたいところ。しかし、残念ながら部分痩せはできないと考えられています。

理論上、部分痩せはできない

“部分痩せ=ある一定の部位だけの体脂肪を落とすこと”はできません。たとえばお腹周りの脂肪だけを落としたい!と腹筋などのエクササイズをしても、お腹周りの脂肪だけが減ることは考えられないのです。
これはどの部位にもいえることであり、いくらその部位に集中してエクササイズをしても一定の部位だけの脂肪を落とすことはできません。

体脂肪を落とす部位を選ぶことはできない

もしも運動や食生活の見直しで体脂肪が減るとすれば、それは全身を対象とします。全身の脂肪燃焼量がアップすることで体脂肪が減り、スリムなボディラインを目指せるのです。
ただし、個人によって脂肪がつきやすい部位・落ちやすい部位というものはあります。たとえば腹筋をしたことで全身の代謝が促進され、脂肪の落ちやすい部位から細くなっていく…ということはあるかもしれません。しかし、それが狙った部位であるとは限りません。

狙った部位に脂肪をつけられないのと同じ

もしもあなたが「今食べたケーキで太る分の脂肪は、バストにつけよう!」と意識したところで、バストだけに脂肪がつくでしょうか?思いのままに脂肪をつけたり減らしたりできれば良いのですが、残念ながらそれはできませんよね。
部分痩せも同じで、一定の部位だけを狙って体脂肪を落とすことは難しいのです。

ですが、「二の腕のエクササイズを続けていたら二の腕が細くなった!」などの体験談を見聞きしたこともあるでしょう。これは二の腕の部分痩せに成功したということなのでしょうか?

部分的にマッサージや筋トレをして引き締めることは可能

部分痩せを“一定の部位の体脂肪を落とすこと”と考えたとき、部分痩せはできないと結論付けました。しかし、「部分痩せ」という言葉にはさまざまな意味が含まれていることがあります。

もしも“部分痩せ=一定の部位の見た目を引き締める”ということであれば、狙った部位のマッサージや筋トレをすることで実現できるかもしれません。
たとえばふくらはぎがむくみで太くなっている場合なら、マッサージや筋トレをすることでむくみが解消しサイズダウンするかもしれません。また、二の腕のエクササイズで二の腕の筋肉が鍛えられれば、体脂肪の量は変わらずとも引き締まって見えることもあります。

体脂肪の量を変えずに痩せるには限界がある

つまり“一定の部位の体脂肪を落とす”意味での部分痩せはできないものの、“体脂肪の量は変わらないけれど見た目を引き締める”という意味での部分痩せはある程度ならできるといえます。
とはいっても、体脂肪の量を変えずに痩せることには限界があります。体脂肪の量を減らしたければやはり運動や食生活の見直しをして代謝をアップさせる必要があります。

この部位だけ細くしたい!という場合は脂肪吸引という選択肢も

「運動は苦手。でも体脂肪を減らしたい…」という方は多いはず。そしてある一定の部位だけの脂肪を減らす“部分痩せ”を叶えたい方もいるでしょう。

その場合、脂肪吸引を受けるという選択肢もあります。脂肪吸引では太ももやお腹、二の腕などある一定の部位だけの脂肪を減らすことができます。また、脂肪吸引なら吸引した部分の脂肪の数そのものを減らすことができるため、リバウンドもしにくいのです。運動や食事制限などでも体脂肪は減りますが、それは脂肪細胞の大きさが小さくなったもので、脂肪細胞の数は変わっていません。そのためリバウンドをすると脂肪細胞が大きくなり、太って見えてしまうのです。

もちろん体脂肪が多い場合は脂肪吸引だけではなく適切な運動や食生活の見直しが必要です。ただ、部分痩せを叶える方法のひとつとして、脂肪吸引という選択肢も検討してみてはいかがでしょうか。

記事タイトルとURLをコピーする

CATEGORY

                       
川端先生に
無料相談をする
症例写真を見る