医師監修・図解で知る、脂肪吸引がわかるサイト 医師監修・図解で知る、脂肪吸引がわかるサイト
医師監修・図解で知る、脂肪吸引がわかるサイト » 部分痩せNews! » リラックスストレッチで心身共にリフレッシュ!仕事中にも実践OK

登録日:|更新日:

- 登録日: - 更新日:

リラックスストレッチで心身共にリフレッシュ!仕事中にも実践OK

いつも力が入って、肩や首ががちがち。特に、オフィスワークでパソコンを使う人たちは、パソコン画面に集中しながら姿勢が前のめり状態に。そのおかげで、体もクタクタ。心も体の疲れひ引きずられて、どんよりしてしまいます。そんなときに、ぜひ試してほしいのがリラックスストレッチ(脱力ストレッチ)です。では、早速やり方について見ていきましょう。

リラックスストレッチ(脱力ストレッチ)とは

今注目されているエクササイズといえば、リラックスストレッチです。リラックスストレッチ(脱力ストレッチ)とは、筋肉にギュッと力を入れた状態から、力を抜く動きを繰り返し、体の筋肉を緩めることに作用します。人は、ストレスがかかると体が緊張し、体が硬くなってしまう傾向にあります。このストレッチを行うことで、全身が緩んでくるのを実感でき、リラックスしやすい体を自分で調整しやすくなります。

細かい仕事の人のリラックスストレッチ

細かい仕事で、神経を使っている人は、リラックスストレッチを行うことで、ストレス解消ができ、心身の疲れがとれます。

腕振り

ランニングをするときは腕を大きく振りながら走ります、同じように、肘を曲げて前後にリズミカルに揺らしてみましょう。この動作を繰り返すことで、首、肩、腕の筋肉をほぐし、血流の流れがよくなり、体が軽くなります。

首のストレッチ

膝と両腕伸ばしながら、床にぺたっとつけます。息を吐くのと同時に腰をゆっくりと持ち上げながら、首の後ろの筋を伸ばします。軽く左右にひねりましょう。ゆっくりと左右に動かしたり、腰を持ちあげるようにしましょう。

長時間椅子に座る人のリラックスストレッチ

オフィスワークなどで長時間椅子に座ることが多い人はパソコンなどを使用することで、体が前のめりになり、肩や首、脚を含めた体全体がガチガチに硬くなります。椅子に座って行うストレッチは、背筋を伸ばし、頭の後ろで手を組んで、背中が丸まらないように頭をゆっくり倒します。椅子の背もたれにもたれ、頭の後ろで、胸をそらします。

脚のリラックスストレッチ

まず、椅子に座った状態で、脚を伸ばします。足の甲と脚の前面部がストレッチできるように伸びているのを意識してください。そして、つま先を自分の方にむけて、脚裏の伸びを意識しながらストレッチをします、つま先をまっすぐ立てたり、伸ばしたりを繰り返しましょう。そして、足首もグルグルゆっくりとまわします。

額のリラックスストレッチ

息を吸いながら、額にしわが寄るくらい力を入れ、目だけで上を見たら、23秒間キープ。力を一気ににぬいて、視線を戻し緩めましょう。

目のリラックスストレッチ

目を閉じるのに力を入れながら、ギューッと閉じ23秒間キープします。一気に力を抜いて、目を開け、緩んだ感じを味わいます。

肩のリラックスストレッチ

イスに浅めに腰掛け、体の前で両手を組み、手のひらを天井にむけ伸ばします。そして、ストンと脱力します。息を止めないで、吐きながら伸ばすのがポイントです。

腸のリラックスストレッチ

体をまっすぐにしたまま立つ、もしくは、あぐらをかいて座ります。肩をあげずに深い深呼吸をくりかえします。このとき、息を吐ききることに意識しましょう。また、呼吸を下腹部で行うことを意識する呼吸法を繰り返します。

リラックスストレッチを行い体を緩ませよう

体が疲れているなと思ったら、すぐに利用できるのが、リラックスストレッチの良いところです。移動先やオフィス、自宅でも、リラックスストレッチであればできるのが魅力です。力を入れて、脱力させるのをポイントに繰り返し、取り組んでみましょう。

全部見せます!【部位別】脂肪吸引体験レポート

記事タイトルとURLをコピーする

CATEGORY