医師監修・図解で知る、脂肪吸引がわかるサイト 医師監修・図解で知る、脂肪吸引がわかるサイト

登録日:|更新日:

- 登録日: - 更新日:

スーパー糖質制限食とは?

糖質制限ダイエットについては、聞いたことがある人も多いでしょう。しかし、スーパー糖質制限について知っている人は、あまりいないかもしれません。そこで今回は、スーパー糖質制限について分かりやすく解説していきます!

スーパー糖質制限とは

概要

スーパー糖質制限とは、痩せたい、ダイエットしたい、といった人よりは、生活習慣病で苦しんでいる方や、生活習慣病を予防したい方向けの糖質制限方法です。1日の糖質摂取量を極めて少量にする必要があり、ご飯やパンなどの主食はあまり食べず、おかずを中心とした食事をとります。

糖質制限の目安

スーパー糖質制限では、一食につき10~20gの糖質を摂取します。また、1日の食事で考えると、30~60gが目安です。お茶碗一杯のご飯の糖質はおよそ55gですので、一回の食事で食べても良いご飯の量は5分の1杯から3分の1杯程度ということになります。

スーパー糖質制限で摂取すべき栄養素

脂質

質のよい脂質を摂ることで、筋肉の分解を防ぐことができます。また、たんぱく質よりも脂質の方が早くエネルギーに変わります。糖質制限中はオメガ3を含む食品を摂るよう意識しましょう。オメガ3を含む食品は、青魚、アマニ油、クルミなど。また、MTCオイル、グラスフェッドバターやギーなどの質の良いバター、それからチーズやアボカドなどもおすすめの食材です。

たんぱく質

主食の代わりにたんぱく質が豊富な食べ物を食べましょう。鶏肉や豚肉などの肉類、魚がおすすめです。動物性のたんぱく質と植物性のたんぱく質をバランス良く摂取する必要がありますので、大豆製品も積極的に摂取してください。中でも、醗酵食品である納豆やテンペがおすすめ。腸内環境を整える作用があります。

しかし、大豆製品は食べ過ぎると女性ホルモンのバランスを崩すことも。植物性たんぱく質が豊富なナッツなどの他の食べ物も合わせて食べるようにしましょう。

食物繊維

食物繊維を豊富に含む食品を食べるようにしてください。小松菜やキャベツなどの葉物野菜や、ひじきやワカメなどの海藻類、しめじやエリンギなどのキノコ類には食物繊維が豊富に含まれています。芋類や根菜類にも食物繊維が豊富に含まれていますが、糖質が高いので、糖質制限の食事をしている人には向きません。また、食事をする際は、食物繊維を多く含む食品から食べるようにすると、糖質の吸収を抑制することができます。

糖質制限における注意点

何らかの疾患を患っている方は、スーパー糖質制限を行う前にまずは医師に相談するようにしてください。特に糖尿病の方は、糖質制限により低血糖状態になってしまう可能性があります。それから、肝硬変、急性または慢性膵炎、長鎖脂肪酸代謝異常症の方は、糖質制限をしないようにしてください。腎障害の方も糖質制限食が適用されない場合がありますので、医師に相談するようにしましょう。また、長期間にわたってスーパー糖質制限を行うことはやめましょう。

まとめ

今回は、スーパー糖質制限についての概要や、スーパー糖質制限中に摂取すべき栄養素、そして注意点について解説いたしました。美しく健康になるために、時々は糖質制限期間を取り入れてみましょう。

全部見せます!【部位別】脂肪吸引体験レポート 全部見せます!【部位別】脂肪吸引体験レポート

記事タイトルとURLをコピーする

CATEGORY