医師監修・図解で知る、脂肪吸引がわかるサイト 医師監修・図解で知る、脂肪吸引がわかるサイト
医師監修・図解で知る、脂肪吸引がわかるサイト » 部分痩せNews! » ウォーキング効果を高める食事や時間とは?

登録日:|更新日:

- 登録日: - 更新日:

ウォーキング効果を高める食事や時間とは?

ダイエットの定番といえばウォーキング。しかし、どうせウォーキングするならできるだけその効果を実感したいですよね。そこで今回は、ウォーキングの効果を高めるための食事やどれくらいの時間歩けばより効果的か解説します。まずは、ウォーキングによるダイエット効果について見ていきましょう。

ウォーキングによるダイエット効果

ウォーキングすることで、脂肪が燃焼し、体を全体的にシェイプアップすることができます。筋トレを組み合わせると、さらに効果的に痩せることが可能です。また、ウォーキングをすると血行や新陳代謝が良くなり、痩せやすい体質になったり、肌がキレイになったりといった効果も期待できます。

ウォーキングによる消費カロリー

ウォーキングによる消費カロリーは、歩く速度と体重によって変わります。METS法で算出すると、例えば、50kgの人がゆっくり1時間歩くと大体158kcal消費し、少し速度を上げてほどほどの速さで歩くと、約184kcalほどの消費となります。ちなみにご飯一杯が約235kcalですので、ウォーキングの消費カロリーはそこまで高くはないですね。

ウォーキングによって痩せる部位

ウォーキングを行うことで、足に筋肉がつき、足を引き締めることができます。筋肉をつけると逆に太く見えてしまうこともありますが、ウォーキングの運動負荷は軽いので、ムキムキになったりもしません。正しい姿勢で行うとさらに効果的。

ウエスト

ウォーキングは有酸素運動ですので、体脂肪を燃やすことができます。したがって、ウォーキングを定期的に行うとウエスト周りの脂肪が落ちて、ウエストを引き締めることが可能です。

背中

ウォーキングを行う際は、腕を振りながら行いましょう。腕を振りながらウォーキングをすることで、背中や肩甲骨の周りを引き締めることができます。

ウォーキング前後の食事

ウォーキングの効果を高めるために、食事にも気を使うようにしましょう。まず、ウォーキングは空腹時に行うことでダイエット効果が高まります。ですので、食事をする前にウォーキングを行うようにしましょう。また、ウォーキングを行った後は30分以上経ってから食事を摂るのが良いです。

食事に関しては、栄養価の高いものを中心に、炭水化物も摂っても構いません。お菓子を食べたい方は、無理に我慢しなくても良いです。我慢してストレスが溜まると、ドカ食いしてしまうこともありますので、適度に食べちゃいましょう!ただし、食べ過ぎないようにだけ注意してくださいね。

ウォーキングの行い方

ウォーキングを行う際は、5~10キロほど歩くようにしてください。また時間は20分は歩くようにしましょう。30分から1時間ほどウォーキングすれば、よりダイエット効果が期待できます。また、ウォーキングする時間帯は食事を食べる前が一番良いですが、ウォーキングしたい!と思うタイミングでも大丈夫です。あなたの好きな時間帯にウォーキングをして、体を引き締めていきましょうね。

まとめ

今回はウォーキングによるダイエット効果、消費カロリー、ウォーキング前後の食事の取り方や、ウォーキングに取り組む時間や時間帯などについてお伝えしました。たくさん歩いて、痩せて美しくなりましょう!

全部見せます!【部位別】脂肪吸引体験レポート 全部見せます!【部位別】脂肪吸引体験レポート

記事タイトルとURLをコピーする

CATEGORY