医師が教える! 脂肪吸引完全ガイド 医師が教える! 脂肪吸引完全ガイド
TOP » 切らない脂肪吸引&痩身てどう?

切らない脂肪吸引&痩身てどう?

ここでは切らない脂肪吸引と切る脂肪吸引を比較しています。
「超音波や注射を使った切らない脂肪吸引の方が手軽で良さそう…」と考えているあなた、ちょっと待って!せっかく施術を受けるのに、自分の理想とするボディラインに近づけないなら、どれだけ手軽でも意味がありません。
切らない脂肪吸引と切る脂肪吸引、どちらがあなたの理想に近づける施術なのか確かめてみてください。

キャビテーション

超音波で脂肪細胞を破壊することにより「切らない痩身」を実現したキャビテーション。破壊された脂肪は1~2日ほどで体外に排出されます。
キャビテーションと脂肪吸引を比較したとき、大きく違うのは必要な施術回数。太もも痩せの場合、キャビテーションだと理想の太ももになるのに7~8回の施術が必要ですが、脂肪吸引なら1回の施術で済みます。

キャビテーションと脂肪吸引の
比較についてもっと知る

BNLS(脂肪溶解注射)

注射した箇所の脂肪を溶かして部分痩せできる施術がBNLS(脂肪溶解注射)です。何回かに分けて注射し、徐々に理想のボディラインに近づけていきます。脂肪吸引に比べるとゆっくりと痩身効果が現れるため、「急に痩せて周りにバレるのはイヤ!」という方におすすめの施術です。

BNLS(脂肪溶解注射)と脂肪吸引の
比較についてもっと知る

エンダモロジー

エンダモロジーとはローラーで脂肪を柔らかくほぐして代謝しやすくする施術のこと。脂肪細胞の数を減らすわけではないので直接的な痩身効果はありませんが、痩せやすい身体になることが期待できます。脂肪細胞を除去する脂肪吸引と違い、リバウンドする可能性がある施術です。

エンダモロジーと脂肪吸引の
比較をもっと知る

脂肪冷却・冷凍(ゼルティック)

気になる部位の脂肪を冷却して壊し、体外へ排出する脂肪冷却・冷凍(ゼルティック)。脂肪冷却・冷凍と脂肪吸引の違いは、理想の体型になるのに必要な施術回数です。太ももを施術する場合、脂肪冷却・冷凍は1回で7ミリほど細くできますが、もっと痩せたい方は繰り返し施術を受ける必要があります。脂肪吸引なら1回の施術で理想のラインになることが可能です。

脂肪冷却・冷凍(ゼルティック)と
脂肪吸引の
比較をもっと知る

ライポソニックス

高密度焦点式超音波(HIFU/ハイフ)で脂肪を破壊するライポソニックス。お尻や太ももといった厚みのある部位に高い効果を発揮する痩身術です。麻酔をかけて手術する脂肪吸引には痛みがありませんが、ライポソニックスによる施術だと超音波照射中にチクチクとした痛みを感じることがあります。
費用は、脂肪吸引で太ももを施術すると80,000~300,000円ほど、ライポソニックスが200,000~400,000円ほど。ライポソニックスの方がややお高めです。

ライポソニックスと脂肪吸引の
比較をもっと知る

ウルトラシェイプ V3

収束させた超音波を照射し脂肪細胞を破壊するウルトラシェイプ。破壊された脂肪が体外へ排出されることでサイズダウンが可能です。脂肪吸引との大きな違いはダウンタイムの期間。切る施術の脂肪吸引に比べ、ウルトラシェイプは目立ったダウンタイムがないと言われています。そんな両者をさらに色々な項目で比較してみました。

ウルトラシェイプ・V3と脂肪吸引の
比較を知る

CATEGORY

                       

監修医師

イメージ

大阪雅美容外科
川端 久雅先生

                           

川端先生に
直接相談する