医師が教える! 脂肪吸引完全ガイド 医師が教える! 脂肪吸引完全ガイド

【登録日:|更新日:

- 登録日:
- 更新日:

麻酔の種類は?

ここでは、脂肪吸引における麻酔の重要性や、麻酔の種類について解説しています。施術の際には必ず受けなくてはいけない麻酔ですが、体調にどのような変化をもたらすのか、不安を感じている方も多いと思います。そんな麻酔の効果と種類、その重要性を、大阪雅美容外科の川端医師監修のもと説明していきます。

脂肪吸引時の麻酔の重要性

脂肪吸引の麻酔の目的は、手術中の痛みを無くし、術後の負担を軽減することです。途中で目が覚めたり、痛みで無意識に暴れるようなことがあると、身体への大きな負担となります。

多くのクリニックでは麻酔ガスや点滴(静脈麻酔)による全身麻酔下で施術されています。

クリニックによっては硬膜外麻酔を併用することもあります。また、局所麻酔のみで施術をしているところもありますが、局所的な脂肪吸引に限定している場合が多いようです。仮に局所麻酔だけで大がかりな脂肪吸引を行った場合、手術中に痛みを感じる可能性があります。脂肪吸引を受ける方が苦痛を感じることなく施術を受けるためには、全身麻酔下での施術が非常に重要です。

全身麻酔を受けていれば安心?

施術前や施術中に受ける麻酔は、麻酔を行う医師(クリニック)の技術の差で大きな違いがあります。快適に施術を受けられる麻酔もあれば、単に意識がないだけで体は大変な思いをしている麻酔も。前者の場合はグッスリ眠れて目覚めも良く、施術後の痛みや吐き気なども最小限で済みます。施術の仕上がりも、医師の技術がしっかりと反映されるでしょう。逆に、後者の場合だと体自体は痛みを強く感じてしまうため、施術中の痛みや刺激に反応して大きく動く場合があります。

体が大きく動いている場合、医師がどれほど高い技術を得ていても、実力を発揮することはできません。動きを止めるために麻酔薬や鎮痛薬がどんどん足されるので、術後の患者はフラフラの状態になってしまいます。そのため、技術の確かな麻酔科専門の医師に麻酔をしてもらうのがおすすめです。

脂肪吸引で使われる麻酔の種類

全身麻酔

全身麻酔薬には、吸入麻酔薬と静脈麻酔薬があります。

吸入麻酔薬

吸入麻酔薬は鎮静や鎮痛、入眠作用のあるガスを吸入させて、意識を抑制させる麻酔です。使用されるガスは、エーテル・ハロセン・エンフルランなど。現在は、エンフルランを改良したイソフルランやセボフルランが麻酔ガスに使われています。

イソフルランは体内で分解される可能性がほとんどなく、セボフルランは体内から排出されるのが非常に早いため、施術を受ける方の負担が少ないのが特徴です。

静脈麻酔薬

静脈麻酔薬は、静脈から投与することで意識をなくす麻酔です。これまでの静脈麻酔では効果が長く続くため、手術の進行に合わせた調節が大変でした。しかし最近では、作用時間が短く排泄の早い薬剤が開発されており、調節が容易になっています。

静脈麻酔のみの場合は手術中に目が覚めることがあるため、脂肪吸引手術では、他の麻酔と併用して使用する必要があります。

麻酔を併用することで、手術の負担や危険を最小限に

脂肪吸引の手術において、管理ができるのであれば、吸入麻酔、静脈麻酔、局所麻酔は全て使用するべきです。しかし、仮に脂肪吸引を行う医師が1人で手術も行いながら全ての麻酔を管理するとなると、かなり大変であると言えます。全て管理するのは大変なので、局所麻酔のみや、静脈麻酔までの併用となると、今度は途中で目が覚めてしまったり、無意識に暴れてしまったりするなど、手術を受ける方の負担や危険が増す結果となります。

雅美容外科では麻酔科専門の医師が常駐しているため、局所麻酔と静脈麻酔、そして吸入麻酔を併用したハイブリット麻酔を行っており、手術の途中で起きたりするようなことは基本的にはありません。

局所麻酔

局所麻酔薬を注射することで神経伝達を遮断し、特定部位を麻痺させて痛みを感じさせない麻酔です。しかし、局所麻酔だけでは痛みを完全に無くすことは難しく、そのため局所麻酔のみの使用は、小さい範囲の手術や歯科治療などで使われています。

脂肪吸引における麻酔管理の重要性

当サイトを監修いただいている大阪雅美容外科は、全国屈指の脂肪吸引の実績を持ちながら、これまで無事故の施術を続けられているクリニック。同院では、専門の麻酔医が数種類の前投薬と手術中の麻酔(持続鎮静静脈麻酔、吸入麻酔、局所麻酔など)を用い、患者さんに合わせた対応を行っています。

麻酔医のヒアリング 麻酔医のヒアリング

※当サイトで大阪雅美容外科の脂肪吸引体験を行った際の、麻酔科医の先生によるヒアリング風景です。

脂肪吸引では、執刀医が麻酔管理を行いながら施術を行うことも多くあります。しかし、脂肪吸引の施術には高度な技術と集中力が必要とされ、現実的に麻酔管理を並行しながら長時間の手術を行うことは困難です。

大阪雅美容外科では、必ず麻酔医による管理を行い、患者さんに関わるどんなリスクでも取り除くよう徹底されています。脂肪吸引では施術方法などに目がいきがちですが、どのような体制で麻酔管理をしているかも、必ずチェックするようにしてください

目が覚めて無事に手術が終わっているのが、理想的な麻酔

理想的な脂肪吸引の流れは「眠るように麻酔が効き、目が覚めたら無事に手術が終わっている」事です。私が施術した患者様からも「以前に手術を受けた際、施術の途中で目が覚めてしまい、痛く怖い思いをしました」という話をよく聞きますが、当院ではそのような事はまず起こらないよう、細心の注意を計っています。

また、麻酔の効果や副作用には、持病や体系的な要因も深くかかわってきます。そのため当院ではカウンセリング時や施術前に、事細かく体調に関する質問を行うようにしています。

大阪雅美容外科・川端久雅院長 大阪雅美容外科・川端久雅院長

監修医師

大阪雅美容外科院長
川端 久雅先生

日本美容外科学会専門医

監修者情報はこちら>

川端先生に無料相談する

フリーダイヤル
で問い合わせる

CATEGORY

                       

監修医師

イメージ

大阪雅美容外科
川端 久雅先生

日本美容外科学会専門医

監修者情報はこちら>

                           

川端先生に
直接相談する