医師が教える! 脂肪吸引完全ガイド 医師が教える! 脂肪吸引完全ガイド
TOP » 大阪雅美容外科・川端先生が答える!脂肪吸引Q&A » どのくらい痛い?痛みの持続期間は?

どのくらい痛い?痛みの持続期間は?

脂肪吸引を受ける際、気になるのは麻酔や術後の痛みですよね。施術中は麻酔がかかっているから安心!と言われただけでは、麻酔や術後の痛みの不安は取り除けません。「脂肪吸引の術後はどれくらい痛いの?」「痛みはどれくらい続くの?」「クリニックのHPを見ると、軽い痛みとか翌日から平気とか書いてるけど本当?」と気になって、なかなか治療に踏み切れない女子も多いのではないでしょうか。

脂肪吸引にまつわる
痛みのエトセトラ

こちらでは脂肪吸引を受けた方の体験談をもとに、麻酔や術後の痛みの具合・経過についてまとめました。痛みには個人差があるものの、実際に施術を経験した女子の体験談は参考になるものがたくさん!ぜひ確認してみてください。

Q.麻酔ってやっぱり痛いの?

A.点滴がチクっとする程度。
局所麻酔はちょっと痛い?

麻酔の痛みは、ネットで検索しても「まったく痛くなかった」という方から「しみる程度」、「麻酔が一番痛かった」という方までさまざま。術後の痛みだけでなく、麻酔の痛みも個人差があるようです…。

麻酔は局所麻酔、脂肪吸引の範囲が広い場合は全身麻酔をします。局所麻酔を体験した方のほうが「痛い」と言っていることが多かったです。ただ、「全身麻酔は怖いので局所麻酔にした」という方もいて、反応は様々。

当サイトで、大阪雅美容外科の脂肪吸引を体験したシズカさんのコメントもご紹介します。ちなみに、大阪雅美容外科では、「安心して施術を受けてもらいたい」という思いから、全身麻酔を採用しています。

最初の「チクッ」だけでした

全身麻酔を入れるための点滴注射だけだったので、チクッとしました。手の甲の注射は苦手ですが(笑)、その後は口に酸素マスクをかぶせてもらってすぐに意識が遠くなりました。なので、麻酔の痛みとかはなかったですよ。施術シーンを見るほうがイヤなので、麻酔は大歓迎です(笑)。

手の甲なので、
腕よりは痛みを感じます

当院(大阪雅美容外科)では、全身麻酔を採用しています。基本は手術の邪魔にならないように手の甲に刺すので、腕よりはちょっと痛みが強いです。そこさえ乗り越えていただければ、すぐに眠りに落ちますよ。

まれに全身麻酔が怖いとおっしゃる方もいるのですが、やはり安心して施術を受けていただくには全身麻酔が一番です。当院では麻酔の専門の医師がおり、オペにも最初から最後まで同席しておりますので、ご安心ください。

Q.術後~1週間の痛みはどれくらい?

A.術後~3日目がピーク!

痛みのピークは麻酔が切れる、施術当日。部位によっては、翌日から出勤したりという方も多いのですが、太ももなど範囲が広い場合は、「痛みで起き上がるのもかなりツライ」ということも。もちろん、痛み止めも処方してもらえるので、無理せず飲みましょう。施術から2~3日は仕事をお休みするのがおすすめです。

ちなみに、手術翌日からシャワーがOK、抜糸後から入浴も可能になります。

太ももの脂肪吸引後は痛みで
目が覚めました

最初に太ももの脂肪吸引をしたのですが、麻酔が効いているうちは寝ていたのですが、切れてきたのか、痛みで目が覚めました。とりあえず枕もとのボタンでクリニックの方を呼んで、痛み止めを飲ませてもらいました。

帰宅するときはかなりヨチヨチ歩きというかゾンビ歩きというか(笑)。翌日目が覚めてなんとか動けるようになって、最初に買ったのはふかふかの便座カバーと痔の人が使用するドーナツ型クッションでした。術後1週間ほどはゾンビ歩きでしたね。

トイレでの座り&立ちの動作など、いつもは何ともないものがすごく大変で…。筋肉痛の時にツライ動きは軒並みツライって感じでした。

安易に考えていると大変です

脂肪吸引する量が多ければ多いほど、ダウンタイムは長くなります。とくに太ももは体を支える部位なので、一番大変。なので、太ももの施術をご希望の方には、カウンセリングで「かなり大変ですよ」「しっかり安静にできますか?」と念を押すようにしています。安易に「大丈夫ですよ」「翌日から出勤する人もいますよ」とは言いません。

太もも以外は、そこまで大変ではないとはいえ、やはり普段と同じように生活することはできませんので、注意してください。

過度に術後が楽だと言っているクリニックは注意です。しっかり量を吸引すると、つらいのは当たり前。多く吸引しているのに、体に負担がないはずありません。逆に「水がたまり毎日吸引に通う」など、当然のように言われることもありますが、普通の脂肪吸引ではありえないことです。吸引したら普通に起こることと、正しい技術で吸引する限りは普通起こらないことの区別はしっかりつけなければいけません。

Q.施術から2週間後はまだ痛いの?

A.2週間経つと痛みは落ち着きます

術後10日~2週間で痛みがほとんどなくなり、普段と変わらない日常生活を送るようになる方が多いようです。軽い運動も、2週間後からOK。

ただし、この頃から多少こわばり、しびれのようなものが出てくるので、軽い筋肉痛のような症状が気になるかも。時間の経過とともに自然となくなっていくので、無理に揉んだり、圧着サポーターの着用をやめたりしないように注意しましょう。

この頃には歩きも
スムーズに!

10日目くらいには、ゾンビから人間に進化することができました(笑)。自由に動けるって素晴らしいです(笑)。

ただ、代わりに患部がガチガチになってきました。ついついマッサージしてしまいたくなるのですが、「脂肪吸引後の体内は傷だらけ。とくにマッサージをする必要はありません。こわばりは自然におさまります」と川端先生に言われていたので、しませんでした。抜糸後はお風呂につかれるようになったので、だいぶ楽になりました!

どの部位でも、
この頃には楽になってきます

一番吸引量が多い太ももでも、普通に歩けるようになってくる頃です。ただ、楽になるとどうしても圧着サポーターの着用をサボってしまいたくなるかもしれませんが、それは絶対にNG。最低でも1か月は圧迫を続けてください。キレイな仕上がりにも大きく影響してきますよ。

Q.施術から1か月後は痛くない?

A.もう大丈夫!けど動作によっては注意

施術から1か月経つと、肌がときどき突っ張るような感覚があるだけで、痛みを感じることはめったにありません。ただ、固い便座に勢いよく座ってしまったりすると、痛みが走ることも。

スポーツやジムでのエクササイズも行えるようになります。もちろん、無理は禁物!違和感を覚えたり、不安に感じることがあれば医師に相談してください。

痛みはほぼゼロに!

日常生活での痛みはありませんが、冷えてる固い便座はちょっと恐怖(笑)。痛みはないのですが、感覚が正常に戻ったわけではなく、太もも全体をテーピングされているかのようにガチガチで、自分の体じゃないみたいです。あとは、圧着サポーター取ったとき、むしょうにカユい!

この頃ちょうど暖かくなってきたので、正直サポーターをずっとつけているのはきついときもあるんですが、自分の太ももが本当に細くなって、お尻がキュっと上がっているのがわかるので、全然乗り越えられます。

痛みよりも違和感が
気になる時期

痛みはほぼおさまったかわりに、シズカさんも言っているようなこわばりが気になってくる時期です。自然におさまりますので、もう少しがんばってください。

ちなみに、手術から1か月経過すると、他の部位の施術ができるようになります。

痛みは個人差があります

痛み止めを飲んでも術後立ち上がれないほどだった方、術後の痛みより、長引く違和感が辛かったという方…痛みの感じ方は人それぞれですが、ひとつ言えるのは「軽く考えないほうがいい」ということです。「痛み止めを処方してもらえるから平気だろう」という気持ちで脂肪吸引に挑むと、術後の痛みや生活の不自由さに後悔するかもしれません。

また痛みが軽かろうと重かろうと、術後は安静が必要です。当院では、すべて納得した上で手術を受けていただくために、カウンセリングの際にはすべてを包み隠さず、「辛いですよ」「術後は安静にできますか?」と聞くようにしています。

大阪雅美容外科・川端久雅院長 大阪雅美容外科・川端久雅院長

監修医師

大阪雅美容外科院長
川端 久雅先生

川端先生に無料相談する

フリーダイヤル
で問い合わせる

CATEGORY

                       

監修医師

イメージ

大阪雅美容外科
川端 久雅先生

                           

川端先生に
直接相談する