医師監修・図解で知る、脂肪吸引がわかるサイト 医師監修・図解で知る、脂肪吸引がわかるサイト

登録日:

- 登録日:

キャビテーション

キャビテーションは脂肪吸引を考えている方が、他に検討する際として挙がることのある施術方法のひとつです。どのようなメカニズムで脂肪を落とすことが期待できるのかや、メリットやデメリットなどをご紹介していきます。

キャビテーションの特徴

キャビテーションは体にメスを入れずに脂肪を溶かすための施術をおこなう方法です。脂肪吸引よりも体にかかる負担が少ないという特徴をもっています。

キャビテーションのやせるメカニズム

キャビテーションから発せられる超音波により、脂肪や脂肪組織の線維化したセルライトが空洞となる状況を発生させることを目的としており、この現象をキャビテーションといいます。このキャビテーションが発生することで脂肪の細胞膜が破壊されることにより、中性脂肪が時間をかけて溶け出すのです。施術後、溶けた脂肪が体の外へ運動する際のエネルギーとして消費されたり汗などと一緒に排出されたりすることで、外見もすっきりする期待がもてるという仕組みです。

キャビテーションのメリットとデメリット

キャビテーションのメリット

  • クリニック以外でも施術に対応している
    キャビテーションの施術で使われる超音波を発する際に医療機器ほどの出力やパワーがない機器もあり、いわゆるクリニックではなく美容サロンやエステサロンでも施術が受けられる場所もあります。費用もクリニックと比較すると抑えめな傾向にあるのもメリットのひとつといえるでしょう。ただし万が一の場合ですがトラブルが発生したときにサロンでは医療行為によるサポートが受けられないことも注意しておかなければいけません。
  • 脂肪吸引よりも痛みは少ない
    皮膚を切るという行為もなく、エステサロンでも提供できるような出力で直接脂肪に対してアプローチをかけるため痛みや腫れなどはほとんど発生しません。施術中も少し暖かいと感じる程度が一般的です。数日の間行動が制限されるようなダウンタイムなどもないため、連休を取るのが難しい方も施術を受けやすいでしょう。
  • 部分痩せが期待できる
    機器をあてた部位へピンポイントのアプローチができる施術方法なので、お腹や太ももなど一部だけをスッキリさせたいというケースにも対応しています。肌の露出する夏の季節などに、見える部分が気になるので一部の脂肪吸引などを考えている方は選択肢として含められるのではないでしょうか。

キャビテーションのデメリット

  • 治療のできる部位は限定的
    お腹やヒップなどすっきりさせたい部位として人気の高い場所への施術ができますが、どんな部位でも対応できるわけではありません。顔から首にかけて、その他胸や脇などの部位はキャビテーションの施術ができない場所なので、これらのスタイルを細かく整えたいと考えている方は他の施術方法と合わせる必要があります。
  • 効果を感じられるまで時間がかかる
    施術している最中に脂肪を溶かすというアプローチができるものの、それがすぐ体の外へ排出されるわけではありません。尿や汗などと一緒に体の外に出ていくため、ゆっくりと日数をかけて理想の体に近づいていきます。
    また一回の施術で大量の脂肪に対してアプローチできる方法ではないため、多くの脂肪を落としたいという方は間隔を空けて同じ場所への施術を何度か受ける必要があります。
  • 施術中に音がなる
    キャビテーションは超音波で脂肪にアプローチする方法ということもあり、施術中に超音波のキーンというような音が骨を伝わって聞こえます。それほど大きいものではなく一般的には我慢できる程度ではありますが、こうした音が苦手な方はうるさいと感じるかもしれません。

キャビテーションを受ける際の注意点

超音波を発生させる機器のため、心臓に病気をもっている方やペースメーカーが体内に埋め込まれている方、その他血栓症などの持病をもつ方はキャビテーションの治療を受けられません。他にも妊娠中の方は避けるべきなどの注意点があるため、事前にエステやクリニックなどで受けられる条件を確認しておく必要があります。

記事タイトルとURLをコピーする

CATEGORY

                       

監修医師

イメージ

大阪雅美容外科
川端 久雅先生

日本美容外科学会専門医

監修者情報はこちら>

                           

川端先生に
直接相談する