医師が教える! 脂肪吸引完全ガイド 医師が教える! 脂肪吸引完全ガイド
TOP » 部位&体型別 脂肪吸引のホント

部位&体型別 脂肪吸引のホント

あちこち気になる体のお肉。ダイエットしてるけど効果が出ない、すぐリバウンドしちゃう!とかで「脂肪吸引やっちゃたいなあ…」なんて考えている女子のために、各部位の脂肪吸引の特徴や、体型別に取れる脂肪の推定量を大阪雅美容外科の川端先生に直撃調査!自分が施術を受けたい部位をチェックしてみてください。

やせ~普通体型・ぽっちゃり体型・むっちり体型と、3タイプの体型別に気をつけたいことも解説しているので、気になる人は詳しく読んでみてくださいね。

太もも

太ももは脂肪吸引の中でも1番人気の部位です。皮下脂肪がつきやすい部分なので、手術すると通常で3リットル~4リットル、多い人では5リットルもの脂肪が取れることもあるとか。ダイエットしてもなかなか落ちにくい部分ですが、脂肪吸引ならやせ型の人でも「細くなった!」と感じるほどの効果が得られます。

お腹まわり
(ウエスト・腰・前腹部)

少し食べ過ぎただけですぐについてしまうお腹のお肉。脂肪吸引なら贅肉の原因となる脂肪細胞を取り除けるので、細くなるだけでなくリバウンドしにくくなるという点に惹かれますよね。実は無理に吸引しようとするとデコボコしやすく医師選びが肝心な部位なんです。

背中

綺麗なくびれをつくるために効果的な背中の脂肪吸引。腰周りと一緒に吸引することで理想的なボディラインに仕上がります。背中はもともと脂肪の量が少ないうえに範囲が広いので、ねらった脂肪をピンポイントで吸収するには医師の高度なスキルが必要です。

第一印象を大きく左右する部分なので、スッキリさせたい気もしつつ失敗したら怖いなという気持ちが強い顔の脂肪吸引。吸引する量を間違えると老けた印象になってしまうので注意が必要です。顔の脂肪の中でも解消しやすい箇所としにくい箇所があるとか…!

二の腕

二の腕の脂肪吸引は腕を出したい女性に人気。二の腕の下部分は日常生活ではあまり動かさないので、いつの間にかたぷたぷになっていたということも少なくありません。部分やせがとくに難しい部位なので脂肪吸引にピッタリ!術後の回復が比較的早い点も特徴です。

腕を閉じた時の外の張り出しを気にしている人が多いとか。技術のあるクリニックで吸引すると、その部分の改善も見込めるのですが、クリニックによって仕上がりに差が出やすい部位でもあります。

ふくらはぎ

ひざ丈スカートをはくと気になるふくらはぎ。太ももの脂肪吸引後、脚全体でバランスを整えるために手術を希望する人が多いようです。皮下脂肪は少なめですが、ついている部位によって高い効果を感じられます。ダウンタイムが長引きやすいので注意。

元の体型によって、
取れる脂肪の量は変わります

「元の体型より細くなりたい」と言って来院される方には、「それはもちろん細くなれます」と言いますが、まれに「モデル体型になりたい!」という方もいらっしゃいます。やはり元の骨格や筋肉量によるところも大きいので、「ここまでは細くなれるけど、これ以上は難しい」というような現実的なお話はしっかりするようにしています。

指でつまめると「これは脂肪!」って思ってしまいがちですが、それは皮膚だったり、体を曲げることで集まってきている脂肪だったりします。その人に合った適正な吸引量を見極めないと、凹凸の原因になったり、過度な吸引でボディラインが歪んでしまいますので。

当院で採用しているのは、アメリカで承認された超音波による脂肪吸引機器と、手作業による二種の方法を組み合わせた脂肪吸引です。前者で大量に取り、後者で最後の微調整や滑らかなラインにする仕上げを行っています。

大阪雅美容外科・川端久雅院長 大阪雅美容外科・川端久雅院長

監修医師

大阪雅美容外科院長
川端 久雅先生

川端先生に無料相談する

フリーダイヤル
で問い合わせる

CATEGORY

                       

監修医師

イメージ

大阪雅美容外科
川端 久雅先生

                           

川端先生に
直接相談する