医師が教える! 脂肪吸引完全ガイド 医師が教える! 脂肪吸引完全ガイド
TOP » 大阪雅美容外科・川端先生が答える!脂肪吸引Q&A » 脂肪吸引での死亡事故の原因は?

脂肪吸引での死亡事故の原因は?

脂肪吸引が原因で死亡事故が発生していること、知っていますか?脂肪吸引には怖いリスクもあるのです。こちらでは死亡事故の詳しい原因や安全性に配慮したクリニックの見分け方をまとめました。

Q.死亡事故は実際にあるの?
件数は?

A.アメリカの政府機関・FDA(食品医薬品局)は「脂肪吸引が10万回おこなわれた場合、20~100人の方が亡くなっている」という統計データを発表しています。

日本国内における脂肪吸引による死亡事故の統計データは、測定されていません。しかし、国内でも脂肪吸引後の死亡事故は発生しているのです。

2017年12月、名古屋市のクリニックで脂肪吸引を受けた20代の女性が自宅で亡くなったというショッキングな事故が発生しています。女性に重い持病は特になく、司法解剖でも死因は判明しなかったそう。女性の脂肪吸引の施術を担当した執刀医に話を聞きながら、施術方法やアフターケアと死因の関係性について調査を進めているとのことです。なんとも怖い話ですよね…。でも、どうして死亡事故が起きるのでしょうか?

参照元:朝日新聞:脂肪吸引の手術後に女性死亡 名古屋の美容クリニック

Q.死亡事故が起きる原因は?

A.5つの可能性があります

アメリカの政府機関・FDA(食品医薬品局)では次の5つが可能性としてあると挙げています。

  1. 悪性の感染症
    手術中に細菌やウイルスに感染し、体内の組織が壊疽(えそ)してしまう可能性が挙げられます。壊疽とは、体内の組織が腐敗する壊死(えし)が悪化して起きる合併症のこと。最悪の場合、ショック死のリスクも考えます。
  2. 脂肪塞栓症(しぼうそくせんしょう)
    血管のなかに脂肪のかたまりが入り込んでしまい、血管が詰まることを脂肪塞栓症(しぼうそくせんしょう)といいます。脳や肺の血管が詰まると、重大な病気を引き起こしてしまう可能性もあります。
  3. 出血多量
    施術の際、内臓を傷つけてしまうことが出血多量の主な原因です。出血の量が多すぎる場合、出血死の危険性も考えられます。
  4. 急性肺浮腫
    体液の量のバランスが崩れて、心臓や肺にトラブルが起きる可能性があります。肺に体液が溜まってしまった場合は、呼吸困難といった症状が出るそうです。
  5. 麻酔による副作用
    施術前に投与した麻酔の量が不適切で、神経の異常や筋肉のけいれんといった副作用が起きることがあります。最悪の場合、心停止のリスクも考えられるのです。

Q.安全なクリニックを選ぶには

A.安全に配慮し、医療事故を起こしたことがないクリニックを選ぶのが第一です!

それには、「脂肪吸引の実績」「麻酔の専門の医師」に注目することが必要です。詳しくは以下のページで紹介していますので、知りたい方はぜひ読んでみてください。

減らない脂肪吸引の事故…
それはなぜか

脂肪吸引の事故が減らないがために、脂肪吸引に踏み切れない方も多いと思います。その原因の大半は、安易な多店舗展開や利益第一主義による医療の質の低下にあると思っています。「医療に関して絶対に100%安全」と言い切れるものはありませんが、事故を防ぐために最大限に対策を行うことは、私たちの当然の責務です。

大阪雅美容外科では開院8年、毎年1,500部位以上の脂肪吸引を行なっていますが、事故はゼロ。これからもゼロを継続していきます。

クリニックを選ぶ際に、本当に気をつけて見てほしいポイントは3つです。ひとつめは、「麻酔専門の医師の有無」。麻酔科の有資格者が在籍していても、実際に手術中に立ち会っていないと意味がありません。最初から最後まで立ち会うことが重要ですので、施術を希望するクリニックはどうなのか、カウンセリングで聞いてみてください。

ふたつめは「当日に手術はしない」ということ。まれに「今日は特別!」と、その日の施術であればすぐできます、安くできますというようなことを言われるかもしれません。しかし、脂肪吸引前は採血、飲食や体調管理など、準備が必要です。カウンセリング当日の手術など一般の病院の手術ではありえません。

最後は「経験豊富な医師」がいるかどうか。手術を実際に行うのは医師個人であり、クリニックではないので、これは当然です。最近は安易な分院展開で、美容医療の質が低下していることもあります。「当クリニックの医師は全員、手術のスペシャリストで経験豊富です!」というのは、冷静に考えればあるはずがありません。

大阪雅美容外科・川端久雅院長 大阪雅美容外科・川端久雅院長

監修医師

大阪雅美容外科院長
川端 久雅先生

川端先生に無料相談する

フリーダイヤル
で問い合わせる

CATEGORY

                       

監修医師

イメージ

大阪雅美容外科
川端 久雅先生

                           

川端先生に
直接相談する