医師監修・図解で知る、脂肪吸引がわかるサイト 医師監修・図解で知る、脂肪吸引がわかるサイト
医師監修・図解で知る、脂肪吸引がわかるサイト » 部分痩せNews! » 食後お腹が出るのは何故?原因と対策

登録日:|更新日:

- 登録日: - 更新日:

食後お腹が出るのは何故?原因と対策

ランチやディナーの後にポッコリお腹が出てしまう…以前はなかったのに年齢とともに酷くなったと感じることはないですか?その原因は、人によって異なります。原因にあった対策を取らなければ、うまく解消することができません。ここでは原因や原因にあった対策について紹介します。ポッコリお腹を解消するためにチェックしてくださいね。

食後にお腹が出る原因

食後にポッコリお腹が出るのは仕方ないって思っていませんか?実は、しっかり原因を知れば対策を講じることも可能です。まずは自分自身のポッコリお腹の原因を把握してくださいね。

胃下垂

胃下垂とは胃の緊張を失った状態で、下方に垂れ下がり大きく広がった状態のことを指します。その結果、胃や腸の機能が低下し便秘などの症状を合併することもあるでしょう。

胃下垂は、一般的に細く痩せた体質の人に多いのが特徴のひとつです。しかし中には胸部と上腹部付近を圧迫している、太った人が急に痩せた人にも多く見られます。この胃下垂は、生まれつきの体質のことが多く、病気ではありません。

  • 食後にむかむかする
  • 膨満感がある
  • 消化不良がある

上記のような症状が一般的にみられると言われています。もし少し思い当たる症状があれば、一度医療機関に相談に行かれてください。

腸下垂

腸下垂とは横行結腸またはS字結腸が、下方に垂れ下がってしまうことです。酷い場合には腸が捻じれてしまうこともあるでしょう。このケースは先天的な体質ではなく、無理なダイエットや腹直筋が衰えることが原因と言われています。

  • へその下がぽっこりしている
  • ガスやゲップが多い
  • 酷い便秘
  • 胃酸過多(酸っぱいものが込み上げてくる)
  • 全身の冷え

腸下垂になってしまうと、最悪の場合には胃炎や潰瘍を引き起こすリスクが高まります。そのため少しでも自覚症状を感じる場合には医療機関を受診するようにしてください。

弱った腹筋

上記のような症状が全くない場合のポッコリお腹は、腹筋が弱っていることが原因と考えられます。本来であれば胃が膨らんだとしても筋肉の力で抑え込むため、ポッコリするのを予防しているはずです。しかし腹筋が弱くなってしまえば、抑え込むことができなくなり胃がポッコリ表面にあらわれるようになってしまいます。

弱った腹筋が原因であれば、腹筋を鍛えることによってポッコリお腹を解消できるでしょう。また腹筋を鍛えることで腸下垂の予防にも繋がるので、しっかりトレーニングしましょう。

腹直筋

お腹の表面を覆っている筋肉です。腹直筋を鍛えることで、お腹が割れたような状態になるでしょう。ノーマルの腹筋をすることで鍛えられる部位になります。

外腹斜筋・内腹斜筋

脇腹から斜めに走行している筋肉です。ウエストのくびれに欠かすことが出来ない筋肉ともいわれています。斜めに腹筋するようにトレーニングすることで鍛えることが可能です。

腹横筋

肋骨から骨盤にかけて、お腹全体を取り囲むように付いている筋肉です。コルセットのような役割をしています。

自分に合った解消法を探そう

ポッコリお腹は先天的や後天的な原因があり、人によって解消法は異なります。自覚症状などをチェックして、自分に合った解消法を探しましょう。そうすることで効率的にポッコリお腹を解消することに繋がります。

弱くなった腹筋が原因で起こる人が多いため、しっかり腹筋のトレーニングを行うようにしてください。

全部見せます!【部位別】脂肪吸引体験レポート

記事タイトルとURLをコピーする

CATEGORY