医師監修・図解で知る、脂肪吸引がわかるサイト 医師監修・図解で知る、脂肪吸引がわかるサイト
医師監修・図解で知る、脂肪吸引がわかるサイト » 部分痩せNews! » 腰回しダイエットのやり方とは?

登録日:|更新日:

- 登録日: - 更新日:

腰回しダイエットのやり方とは?

体重はそのままでもいいけど、とにかく腰回りのサイズダウンを目指したい方にオススメの腰回しダイエットをご存じでしょうか。文字通り腰をくるくると正しい仕方でゆっくり回すことで、血行不良改善や基礎代謝力のアップ、骨盤の歪み解消といった体の根本の問題点を解決することで腰回りを美しく引き締めるのが目的です。今回はこの腰回しダイエットの方法や注意点を紹介します。

腰回しダイエットのやり方を学ぼう

期待できる効果

なんといっても腰周りの引き締め効果が第一に挙げられます。更に、ゆったりと酸素を取り込みつつ行うのでインナーマッスルを鍛え、内側から働きかけることができます。よって、姿勢がよくなったり、代謝が上がったり、体のバランスが良くなる、という嬉しい副作用も期待できるのです。

トレーニング方法

  1. 脚を肩幅に開く。骨盤を左斜め後ろに出し、そのまま前方に出す感じ。右も同様の動きをする。8の字を動くように腰を動かす。
  2. 1番を、極力上半身を動かさないように滑らかに行う。これを30回。

ながらダイエットとしてオススメ!鏡を見つつ、体の軸のブレがないようチェックしながらすると効果大!

  1. 脚を腰幅に開き、背筋を伸ばす。
  2. 両手を体の横から頭の上へ、掌は前に向けてそのままで10秒間キープ。
  3. 体の横を通して両手を下げる。
  4. おへそを中心に腰を回す。上半身は動かさないように。右回り・左回りをそれぞれ30回ずつ。

お腹痩せだけでなく、骨盤の歪み補正にも効果的なエクササイズです。

脚は肩幅、おへその下とお尻をくっと締め、頭のてっぺんを糸につられている感覚をキープ。

上半身は正面のまま、左腰骨を左前方から左後方へ、右腰骨を右前方から右後方へ動かす動きを滑らかに繰り返す。

1番の姿勢に戻す。

お尻を左上に背伸びするよう突き上げ、ふくらはぎを使ってゆっくりかかとをおろす。これを左右繰り返す。

リズムをつけて楽しくトライしましょう!

注意点

腰回しダイエットを行う上での注意点をあげていきます。

ゆっくりと、負担をかけすぎないように

腰回しダイエットは当然のことながら腰周りにかなり負担がかかります。結果を出したくて無理にスピードを上げて腰を回したり、腰痛もちの方が痛みを我慢してこの運動を行うと、腰を痛めてしまいます。痛めると普段から腰をかばうような姿勢をとらざるを得なくなり、逆に姿勢が悪くなって悪影響を及ぼすことも。自分の体とよく相談して、決して無理なく行うよう注意してください。

同時に生活習慣も整えましょう

腰回しダイエットは、腰周りや骨盤の引き締め・歪み解消に効果的ではありますが、消費カロリーはそこまで大きくありません。腰回しダイエットをしているからといっていつもよりたくさん食べてしまったり、生活習慣を正すことをおろそかにすると、顕著な効果は感じられないかもしれません。やる気につなげるためにきっちり結果を出したいのなら、同時に生活習慣もしっかり見直してみましょう。

全部見せます!【部位別】脂肪吸引体験レポート

記事タイトルとURLをコピーする

CATEGORY