大阪の名医が教える!脂肪吸引のすべてがわかる完全ガイド 大阪の名医が教える!脂肪吸引のすべてがわかる完全ガイド
医師監修・図解で知る、脂肪吸引がわかるサイト » 部分痩せNews! » 夏までに痩せるためにはいつから準備をしたら良いの?

登録日:|更新日:

- 登録日: - 更新日:

夏までに痩せるためにはいつから準備をしたら良いの?

冬よりも外気温が高いことから基礎代謝が低下するため、夏の季節に配慮したダイエット方法を考えます。短期間で結果を出したい方は2~3ヶ月前から準備をし、マイペースで進めたい方は半年前くらいが良いでしょう。

夏に太る痩せにくい理由は?

猛暑で汗をよくかく夏は「痩せやすい季節」と誤解している人がいますが、夏は「痩せにくい季節」なのです。夏は外気温が温かく冬に比べて基礎代謝が低くなり、冬よりも夏は太りやすく痩せにくい季節と分かります。

他の季節よりも摂取カロリーに注意をしながら運動して消費カロリーをコントロールしないと、夏太りしてしまうでしょう。

夏までに痩せるにはいつから始める?

明確な決まりはありませんが、ダイエットの目標期限に応じてスタートする時期を決めると良いでしょう。大まかに2つのパターンをご紹介します。

  • 3~5月までに始める
  • 前年12~1月までに始める

「半袖を着る頃までに痩せたい」「短期間で結果を出したい」といった希望の方には、3~5月までに始めるのがおすすめです。約3ヶ月という短期間のため、積極的に食事コントロールや運動に取り組む必要があります。

前年12~1月までに始めた方が良い方は、「無理のないダイエットをしたい」「自分のペースでやりたい」場合です。半年かけてダイエットを進められるため、「今日は忙しいからお休み」という日があっても問題ありません。

どのタイプが向いているかを検討して、お好みのタイミングで夏までに痩せる目標でダイエットを初めると良いでしょう。無理のないスケジュール設定を組むと、リカバリーしやすいためおすすめです。

夏までに痩せるために押さえておきたい4つのポイント

外気温が高くなるにつれ基礎代謝が低下するため、少しでも代謝低下を防ぐ生活習慣を身につけます。身体を冷やさないことが大切で、血行をよくする行動を心掛けてください。代謝アップのために筋力量を増やし、食事管理もしましょう。

身体を冷やさない

暑いからとエアコンの冷やし過ぎや冷たいドリンクを飲むことで、身体を冷やさないように注意しましょう。身体が冷えてしまうと血流が滞り、基礎代謝が低下してしまいます。

ただでさえ夏は基礎代謝が低下しているため、さらなる代謝低下は消費カロリーの低下につながります。結果として、体内に脂肪が蓄積されてしまい太る原因となります。

適度に冷やしそうめんやアイスクリームを食べるのは問題ありませんが、過剰に冷たいドリンクや食べ物を摂取する習慣は避けることが重要です。

血行をよくする

知らず知らずのうちに冷たいドリンクや食べ物で身体を冷やしてしまうと、血行不良を引き起こします。血流の流れが悪いと基礎代謝が低下し、太りやすい体質になってしまうのです。

エアコン温度は適温に設定し、夏でも1枚羽織る洋服を携帯しておきましょう。食生活を十分に配慮しても電車や商業施設が冷えすぎの場合もあるため、寒い室温ではホッとドリンクを飲むなど気をつけてください。

また、お風呂にゆっくりと温まることで血行不良を改善し、ストレスやヨガなどで適切な体温維持に努めます。

筋肉量を増やす

夏の基礎代謝を高めるために、筋力量を増やすことが大切です。筋肉1kgあたり消費エネルギーは13kcalほどなので、筋力量を増やせば消費エネルギーも多くなります。

夏が痩せにくいのは冬に比べて基礎代謝が低いめ、普通に生活しても消費エネルギー量が増えにくい季節だからです。そこで、胸部や下半身などの大きな筋肉を中心に筋力トレーニングを行うと、痩せやすい身体に体質改善できます。

筋力量を増やすと基礎代謝がアップするため、夏のダイエット成功に「筋トレ」は重要な取り組みと言えます。

食事管理を行う

夏バテのままダイエットするのは望ましくなく、バランスの良い食事を取るように気をつけてください。旬の野菜や果物は身体を冷やす働きがあるため、きゅうりやトマト、スイカなどの食べ過ぎに注意します。

暑さで食欲が減退しても、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどをしっかりと摂取することが大切です。筋力量を増やすために筋トレを行っている方は、筋肉の元となるたんぱく質をしっかり食べましょう。

身体を冷やす食材の接収をできるだけ控え、消費エネルギーよりも摂取カロリーが増えないように、食事管理をしっかりと行います。

夏に合わせたダイエット方法を取り組もう

冬に比べて外気温が高いため、夏は基礎代謝が低下します。エアコンや冷たい飲み物などで身体が冷えやすく、さらに血行不良から代謝低下しやすい季節です。適切な食事と筋力量を増やして代謝を高め、身体を冷やさように気をつけましょう。

記事タイトルとURLをコピーする

CATEGORY

                       
川端先生に
無料相談をする
症例写真を見る