大阪の名医が教える!脂肪吸引のすべてがわかる完全ガイド 大阪の名医が教える!脂肪吸引のすべてがわかる完全ガイド
医師監修・図解で知る、脂肪吸引がわかるサイト » 部分痩せNews! » ダイエットの大敵!なぜリバウンドするの?

登録日:|更新日:

- 登録日: - 更新日:

ダイエットの大敵!なぜリバウンドするの?

停滞期に焦って過度なダイエットを行ってしまうと、身体が生命危機と判断してダイエット前の体重に戻そうと働きかけます。いわゆるリバウンドのことで、繰り返すと脂肪が溜まりやすい体質になり、痩せにくくなるので注意しましょう。

リバウンドってなに?

生命危機を感じるようなダイエットを進めると、身体の防御反応によってダイエット前の体重に戻ってしまう現象が起こります。ダイエットの用語ではリバウンドと呼び、正しい方法で取り組むと回避できることが多いです。

ダイエット後に体重が増加すること

ダイエットしている人の体重が増えることをリバウンドと言います。ダイエット前より体重が増えてしまう場合と、ダイエットする前の体重に戻ることを指しています。ダイエット経験者の6割ほどがリバウンドを経験しています。

リバウンドを繰り返すと筋肉量が減っていき、脂肪が体内に溜まりやすくなってしまいます。正しい方法で取り組み、リバウンドを起こさないようにしましょう。

防御反応のあらわれ

リバウンドが起こる原因は身体の「防御反応のあらわれ」と考えられており、誰にでも起こる現象です。短期間で痩せようと過度なダイエットを進めると、急な体重減少に脳が生命の危機を感じ、体重を元の状態に戻そうと指示を出します。

過度なダイエットではなく正しい方法で取り組めば、身体の防御反応は起こらないためリバウンドを防いで理想の体型に近づけます。

リバウンドの原因は停滞期?

ダイエットを始めて1ヶ月ほどで「停滞期」に入るため、この時期は何を頑張っても体重が減らず気持ちが焦ってしまいがち。停滞期は誰でも経験することなので、失敗と早とちりせずに過度な食事制限に走るのは控えましょう。

停滞期はダイエットの失敗ではない

体重が5%ほど減少すると停滞期に入りますが、焦らず過ごしましょう。体重が減少しにくくなるのは身体が体重を維持しようとする生命機能のため、停滞期が訪れたからといってダイエット失敗とは限りません。

なかなか結果が出なくて焦る気持ちは分かりますが、停滞期でダイエットを諦めるとリバウンドのリスクが高まります。

停滞期はリバウンドしやすい?

身体の防御反応によって体重変化に備えようと、停滞期は体重が減りにくくなっています。通常よりも栄養が体内に吸収されやすく、脂肪が蓄積されるようになっている状態のため、ここでダイエットを断念すると体重が増えてしまいます。

身体がエネルギーを消費しないように省エネ仕様となっているのですが、知らずに今まで通りの食事量をしているとダイエット前の体重に戻ってしまうでしょう。

リバウンドしないダイエット方法は?

ダイエットの停滞期にリバウンドを起こさないためのダイエット方法をご紹介します。「すぐに痩せたい」という焦る気持ちに負けず、無理のない方法で続けましょう。そして、筋肉をつけながら、バランスの良い食事を心掛けてください。

スローペースでおこなう

停滞期に入ってから過度な食事制限へ走らず、自分のペースで無理のないダイエットを続けてください。身体の防御反応によって停滞期が訪れているため、ここで激しい食事制限や極端な運動を行うと、脳に生命危機と判断されて痩せにくい体質になってしまいます。

体重が思うように減量できなくても、リバウンドを繰り返すより最短の道なので、気負わずに今できる方法を続けましょう。

筋肉をつける

筋力が減って痩せてしまうと基礎代謝が落ちてしまい、脂肪を溜め込みやすい体質になってしまいます。そこで、適切な食事制限はもちろんのこと、理想の体重に応じた筋肉作りも取り組みましょう。

運動メニューも目的別で取り組むと効果的です。ウォーキングや水泳などの有酸素運動は体重減量に役立ち、筋力アップには大きな筋肉をトレーニングすると基礎代謝を高めながらダイエットを継続できます。

バランスの良い食事をする

朝食や炭水化物を抜くなどの過度な食事制限は控えて、できるだけバランスの良い食事を心掛けてください。そもそも消費カロリーを上回って食事を摂取しなければ、好きな食事をして太ることはありません。

摂取カロリーをコントロールするために脂肪になる炭水化物を減らし、野菜や果物からミネラルやビタミンをしっかりと摂るのが良いでしょう。筋トレをしている方はタンパク質を積極的に食べると、筋肉がつきやすくなります。

リバウンドを繰り返すと痩せにくくなる

ダイエット初期では誰にでも停滞期が訪れるため、諦めずにスローペースでダイエットを続けましょう。ここで焦って激しいダイエットを行うと、リバウンドを起こして元の体重または以前よりも体重が増えてしまいます。

記事タイトルとURLをコピーする

CATEGORY

                       
川端先生に
無料相談をする
症例写真を見る