大阪の名医が教える!脂肪吸引のすべてがわかる完全ガイド 大阪の名医が教える!脂肪吸引のすべてがわかる完全ガイド

登録日:|更新日:

- 登録日: - 更新日:

BBX

BBXの特徴

BBXはタイ国FDA(食品医薬品局)認可のダイエットサプリ。緑茶抽出物や白インゲン抽出物、小麦胚芽粉末など天然の原料を使用しています。

ストレスホルモン「コルチドール」の必要以上の分泌をBBXに含まれる「L‐チロシン」と「L‐テアニン」の働きで、コントロール。消化酵素を妨げる成分が摂取カロリーを約40~50%カットします。

BBXのやせるメカニズム

コルチドールは副腎皮質から分泌されるホルモン。朝方高くなり、夜になるとピーク時の10%まで低下して1日のバランスを保っているのです。イライラする、ストレスがたまると、コルチドールが多く分泌されます。

では、コルチドールが高いとからだや脳にどのような影響を及ぼすのでしょうか。お腹のまわりの脂肪や内臓脂肪がからだの中にたまり体重が増える、神経伝達物質量が低下するなどです。

BBXに含まれている「L‐チロシン」と「L‐テアニン」が食欲を抑制。コルチドールのバランスを調節して、ストレスをやわらげ空腹感をコントロールします。

また、全身のエネルギー再生物質ATP(アデノシン三リン酸)の量を増やして体重を減少させます。

BBXのメリットとデメリット

BBXのメリット

天然原料が含まれている

BBXには、緑茶抽出物や唐辛子抽出物、ショウガ抽出物、小麦胚芽粉末など天然の原料が含まれています。

緑茶抽出物は緑茶の葉から抽出されたエキス。緑茶にはポリフェノールの一種であるカテキンが含まれていて、内臓脂肪や皮下脂肪の減少が期待されます。

ショウガのジンゲロンや唐辛子に含まれるカプサイシンが基礎代謝を高めて、脂肪の燃焼を促します。

摂取カロリーを約40~50%カット

白インゲン豆抽出物と海藻抽出物、オプンティア・フィカス・インディカの3つの成分で、摂取カロリーを約40~50%カット。

オプンティア・フィカス・インディカは、赤い実のなるサボテン。果肉は甘くてジューシー、梨のような味です。

白インゲン豆抽出物はでんぷんの消化酵素、海藻抽出物は糖と脂肪の消化酵素、オプンティカ・フィカス・インディカは脂肪の吸収を抑えます。

からだの中からきれいに

小麦胚芽粉末は、小麦から胚芽部分だけを取り出し細かく加工したもの。小麦全体の2、3%しかない貴重な部位です。

BBXには体内の毒素を排出する働きがある「小麦胚芽粉末」が含まれているため、体重が減少するだけではなくからだの中からきれいになります。

BBXのデメリット

疾患のある人や妊婦は注意が必要

BBXは天然原料を主成分としたダイエットサプリですが、重度の高血圧や心臓病、肝臓、脳疾患の障害がある、妊婦や授乳中の人は注意が必要です。心当たりのある人は、服用しないようにしましょう。

おなかがゆるくなる

人によって異なりますが、BBXを飲み始めたときに下痢をする、おなかがゆるくなることも。ひどくなったら服用を中止しましょう。

また、落ち込んでやる気が出ない、意気消沈して無気力になるといった虚脱感やのどの渇きを訴える人もいるようです。少しでも異常を感じたら、クリニックの医師に相談してください。

小麦アレルギー

BBXには小麦胚芽粉末が含まれています。小麦胚芽は、小麦アレルギーの人が食べてはいけない食品のひとつ。知らずに飲んでしまうと、じんましんや腹痛、吐き気、頭痛などのアレルギー反応を起こす可能性があるので、小麦アレルギーの人はBBXの服用を避けてください。

BBXを受ける際の注意点

BBXをネットで検索すると購入できるサイトが出てきますが、違法業者の非正規品である可能性も否定できません。正規品はないサプリを飲むと、副作用が起きる場合もあります。

BBXは信頼のおける医療機関で購入しましょう。クリニックでカウンセリングを受け、医師の指示に従って服用すると安心ですね。

昼食と夕食の30分前に2錠または昼食と夕食の30分前に1錠飲みます。BBXは用法用量を守って服用してください。どうして食後ではなく食前なの?

食後にBBXを飲むと、食べ物といっしょに胃の中にとどまり、小腸に届くまで1.5~4時間かかります。空腹時に飲めばすぐに小腸までたどりつくというわけです。

摂取カロリーをカットしたいときは、たくさん食べる食事の30分前に飲むといいでしょう。

BBXは自分の体質や状態に合わせて飲み方を変えることができます。人それぞれライフスタイルが違うので、食前よりも食後にほうが合うという人もいるかもしれません。そんなときは、担当医師に相談をして自分に合った飲み方で試してみるのもいい方法ですね。

ダイエットサプリだからといってBBXだけにたよってはいけません。バランスのよい食生活と運動も併用して理想のプロポーションを手に入れましょう。

記事タイトルとURLをコピーする

CATEGORY

                       

監修医師

イメージ

大阪雅美容外科
川端 久雅先生

日本美容外科学会専門医

監修者情報はこちら>

                           

川端先生に
直接相談する

川端先生に
無料相談をする
症例写真を見る