医師監修・図解で知る、脂肪吸引がわかるサイト 医師監修・図解で知る、脂肪吸引がわかるサイト

登録日:

- 登録日:

メソセラピー

脂肪吸引を調べているなかでメソセラピーが気になったという方に向けて、どんな特徴があるのかやメカニズム、そしてメリットデメリットなどをご紹介しています。

メソセラピーの特徴

メソセラピーとは、脂肪を溶解する薬剤を皮下脂肪に注射する痩身方法です。1~2週間間隔で5回程度メソセラピーの注射を繰り返すことで治療効果を発揮します。メスを一切使わず、痛みも負担も少ないので人気の施術です。

顔(頬・あご)、腕のつけ根、二の腕、ひざ上、へそ下、お腹、ヒップ、太もも、ふくらはぎなど、体のあらゆる部分の痩身が可能なので、”気になるところだけをやせたい”という「部分痩せ」に適しているのが最大の特徴です。

メソセラピーの痩せるメカニズム

メソセラピー(脂肪溶解注射)は1952年にフランス人の医師によって開発された治療方法で、ヨーロッパや南米などで幅広く行われている治療方法です。

脂肪溶解注射の薬剤に使用される主な成分は、PPC(フォスファチジルコリン)です。この成分は、大豆から抽出されるアミノ酸のひとつで、細胞膜に豊富に存在する大豆レシチンから抽出されたもの。高脂血症や脂肪肝の治療に使用されていたほど、高い効果をもった薬剤です。ドイツでは医薬品として、さまざまな治療に使用されており、血液中のコレステロールや中性脂肪の量をさげることで、脂肪の適切な代謝を促し、理想的な体型作りが期待できます。

さらに脂肪の排泄を促進させるL-カルニチンやαリポ酸、痛みを軽減させるための麻酔薬などを独自にブレンドしていることも多いです。L-カルニチンは、血液中に流れている遊離脂肪酸を体のエネルギーとして取り込んで代謝し、αリポ酸は遊離脂肪酸の燃焼を促してくれる効果を持っています。このような工夫によって、ますます従来のメソセラピー(脂肪溶解注射)に高い痩身効果が加わっています。

メソセラピー(脂肪溶解注射)を痩せたい部分に注入すると、フォスファチジルコリンの作用で脂肪細胞から脂肪が溶解されます。溶解された脂肪は、毛細血管を介して、血中に吸収されます。さらに、L-カルニチンの作用で、効率的に尿を介して体の外へ排出されるというメカニズムです。

メソセラピーのメリットとデメリット

メソセラピーのメリット

  • ピンポイントな部分痩せができる
    痩せたい部分に薬剤を注入する治療法なので、痩せたい部分にピンポイントで施術することができるというメリットを持っています。
  • 副作用を起こす可能性が低い
    使用している薬剤は高脂血症などで用いられている薬剤であり、副作用を起こす可能性が低く、安全性が高いものです。痛みも少なく日常生活への支障もほぼありません。
  • 施術時間が短い
    注射という施術方法の特性上、切らない脂肪吸引の中でも最も手軽に挑戦できるのが魅力です。施術時間は5~10分程度と短く、長時間拘束される心配がありません。

メソセラピーのデメリット

  • 1回に処置できる範囲が限られている
    「脂肪溶解注射(メソセラピー)」は、1回に処置できる範囲が限られています。広範囲で脂肪を落としたいというリクエストには向きません。
  • ダウンタイムの発生、体調によっては施術が受けられない場合も
    個人差によっては手術後に多少のダウンタイムがあり、痛み・腫れ・内出血などの症状が1週間程度出る場合があります。また糖尿病などの持病のある方、妊娠中の方などは治療を受けることができません。
  • 継続的に複数回の施術が必要
    薬剤が体に吸収されてから、排出されるまでの経過時間が必要です。また、複数回の施術によって徐々に任意の部分の脂肪が融解していきます。そのため1回の施術では、大きな効果が期待できないというデメリットがあります。また、何度か施術を受けるために複数回の通院の必要があります。注射針を何度も刺すことに抵抗を感じる人もいるかもしれません。注射という施術方法への抵抗感がある方や、近くに希望するクリニックがないという場合は、別の施術方法を検討したほうがよいでしょう。
  • メソセラピーを受ける際の注意点

    人によっては施術中にチリチリしたような痛みや腫れが出てくる場合がありますが、概ねは数分で収まるケースが多いです。また、赤みや内出血が現れても2日~数日で収まります。切るタイプの脂肪吸引と比べてダウンタイムが少なく、基本的には施術を受けたその日から日常生活に戻ることは可能です。

    施術後は血行を急激に良くするような入浴やサウナ・激しい運動・飲酒は控えることが望ましいでしょう。また、治療後に筋肉痛のような痛みや腫れ・内出血などの症状が出る場合があります。そうした症状は長くても1週間程度で治まりますが、マッサージや運動でケアすることで改善を助けることができます。こまめな水分補給も、脂肪分解をスムーズにする効果があります。

    記事タイトルとURLをコピーする

CATEGORY

                       

監修医師

イメージ

大阪雅美容外科
川端 久雅先生

日本美容外科学会専門医

監修者情報はこちら>

                           

川端先生に
直接相談する