大阪の名医が教える!脂肪吸引のすべてがわかる完全ガイド 大阪の名医が教える!脂肪吸引のすべてがわかる完全ガイド

登録日:|更新日:

- 登録日: - 更新日:

ウルトラアクセント

体を切らずに脂肪へアプローチをかけられるウルトラアクセントという施術方法。特徴とメリットやデメリット、そして注意点などをご紹介しているので参考にしてください。

ウルトラアクセントの特徴

「ウルトラアクセント」は超音波で脂肪細胞を破壊した後、高周波で脂肪を体外への排出を促す、切らない脂肪吸引方法の一つです。使用している超音波は「横波」という脂肪細胞にのみ反応する特殊なもので、高出力でありながら他の組織にダメージを与えることをなくしたことが最大の特徴です。これにより、脂肪細胞だけを効率的に破壊することが可能となり、痩身効果をアップさせることにつながりました。ダウンタイムが少ないのもこの治療器の特徴です。

ウルトラアクセントのやせるメカニズム

これまでの超音波痩身マシンは、縦波超音波による脂肪細胞を効率的に破壊する特殊な超音波である横波を照射し、脂肪細胞のみを共振させ、脂肪細胞膜を破壊します。これをキャビテーション作用といい、これまでの脂肪細胞を破壊するマシンの主流な方法でした。しかし、この縦波超音波は組織の選択性がないため皮膚の表面から脂肪細胞を破壊しようと高出力にした際、脂肪以外の血管や神経、皮膚などにもダメージを与えてしまうリスクがあり低出力でしか施術できませんでした。

しかし、このウルトラアクセントに採用された横波(Shear Wave)は脂肪細胞だけに共振作用をおこし、他の組織を傷つけることなく脂肪細胞膜だけを選択的に破壊することが可能なのです。脂肪細胞膜を破壊すると中から脂肪が溶け出すので、今度は溶け出した脂肪や付着したセルライトなどの老廃物を、40.68MHzの高周波で血流やリンパにのせて、体外への排出を促します。壊れた脂肪細胞はマクロファージ(貪食細胞)によって消化され、尿や便として排出されます。これらが、ウルトラアクセント治療の一連のメカニズムです。

超音波の伝達度を高めるために、肌にはワセリンを塗ります。まずは超音波(横波)を当てて、脂肪細胞膜を破壊します。施術時間は10cm×10cmあたり12分です。次に溶解した脂肪細胞を体内から素早く排出するために、40.68MHzの高周波を照射します。目標温度は40~43度です。この温度は、デトックス効果が最大限に発揮される温度です。施術時間は10cm×10cmあたり3分です。

ウルトラアクセントのメリットとデメリット

ウルトラアクセントのメリット

  • 最先端の技術による高い効果
    従来の縦派超音波と違い、横派超音波では他の組織に影響を与えず、脂肪細胞のみを破壊することができます。効率よく脂肪細胞を減少することができる機械です。脂肪細胞自体を減らすため、リバウンドの心配もありません。
  • 美肌効果
    高周波の作用でコラーゲンの生成が活発になり、肌にツヤとはり、リフトアップ効果をもたらしてくれます。
  • ダウンタイムが少ない
    従来の方法に比べ、ダウンタイムが少なめです。施術に伴う痛みもほとんどありません。
  • 部分的な部位に最適
    あとちょっとここの脂肪を減らせたら…と思ったときに最適なのはウルトラアクセントです。顎・頬など狭い範囲の気になる脂肪にもしっかりと働きかけてくれます。顔痩せにはよく用いられる方法なので、ウルトラアクセントでピンポイントに脂肪を減らしましょう。
  • 年齢制限がない
    年齢制限が特になく、代謝が落ちた比較的年齢の高い方や男性にもオススメです。

ウルトラアクセントのデメリット

  • 除去量に個人差がある
    脂肪吸引に比べると脂肪を除去できる量に限りがあります。また効果には個人差があり、1回の治療では効果を得られないという声も聞きます。複数回の施術によって、より効果を感じやすくなります。
  • 習熟した技術者が必要
    新しい技術なため、ドクターの技術によって効果に個人差があるという声も。できるだけ経験豊富な腕のある医師を選ぶことが重要です。ごく稀にですが、高周波による施術によって火傷が起きる例もあります。
  • 受けることができない場合も
    妊娠中の方や、基礎疾患をお持ちの方は施術ができません。また、施術を希望する部位に金属やシリコンが入っている方、ペースメーカーを使用している方、ケロイド体質の方、悪性腫瘍がある方も不可となっています。

ウルトラアクセントを受ける際の注意点

施術が終わった後は、通常通りの生活をすることができます。入浴も当日から可能ですし、運動や食事の制限などもありません。

施術によって破壊した脂肪細胞を排出させるために、身体の代謝をアップさせることです。有酸素運動や代謝を促進させる食生活によって、より効果を高めることができます。また、アフターケアとして、テノールやエンダモロジーなどの施術を受けることもおすすめです。

記事タイトルとURLをコピーする

CATEGORY

                       

監修医師

イメージ

大阪雅美容外科
川端 久雅先生

日本美容外科学会専門医

監修者情報はこちら>

                           

川端先生に
直接相談する

川端先生に
無料相談をする
症例写真を見る