医師が教える! 脂肪吸引完全ガイド 医師が教える! 脂肪吸引完全ガイド
脂肪吸引完全ガイド » 部分痩せNews! » ぽっこりお肉をやっつける!ウエスト痩せエクササイズまとめ

登録日:|更新日:

- 登録日: - 更新日:

ぽっこりお肉をやっつける!ウエスト痩せエクササイズまとめ

ウエスト ウエスト

ここでは、自宅でできるウエスト痩せのエクササイズを動画付きでご紹介しています。がんばってるつもりだけど、なかなかウエストがくびれない…、とお悩みのアナタ。プロの動画は一見の価値あり。

自宅で気軽にできるウエスト痩せトレーニング5選

暴食しているワケではないんだけど、なかなかキレイなウエストにならない…。そんなアナタに足りないのは、エクササイズかも知れません。ウエストにターゲットをしぼったエクササイズを実践して、次の夏は注目度100%の女子を目指していきましょう!

ウエスト痩せの基本「ドローイン」

まずはウエスト痩せの基本「ドローイン」のやり方を見ていきましょう。ウエスト痩せのトレーニングでは、たびたび登場する基本動作です。

1.まずはタオルを準備して体勢を作る

タオル2枚を用意してください。両ヒザを立てた状態で床に仰向けに寝て、折りたたんだタオルを腰の下に1枚おいてください。もう一枚のタオルも折りたたみ、お腹の上に乗せましょう。左右の手のひらをお尻の横あたりに置いて準備完了です。

2.息を吐きながらお腹をへこませる

ゆっくりと息を吐きながら、お腹をへこませていきます。ちゃんとへこんでいるかどうか、お腹に乗せたタオルの動きを確認しながら行ってください。

3.息を吸いながらお腹をふくらませる

次に、息を吸いながらお腹をふくらませていきます。こちらもタオルの動きを確認しながら行うといいですね。

4.5往復×2セットを目標に

以上のお腹の動きを5往復で1セット。計2セットを目標に行ってください。

お腹の筋肉だけを意識して動かしてください。つい足に力が入って閉じてしまったり、上半身に力が入って肩が上がったりするのですが、なるべくお腹以外の筋肉に力を入れないよう意識してくださいね。

ドローインの次は「クランチ」

ドローインに慣れてきたら、ぜひ次の段階のエクササイズ「クランチ」にチャレンジしてみましょう!

1.仰向けで椅子に座った形になる

仰向けになった状態で、両足を椅子に座っているときと同じ形にして浮かせます。左右のつま先の高さをしっかりと合わせてください。両腕をクロスさせるような形で胸の上に乗せて準備完了です。

2.首を上下させる

息をはきながらお腹をへこませて、へこんだ状態をキープしたまま首を上下運動させます。タオルの位置が上がらないよう意識してください。10回を1セットにし、2セットを目標に行ってください。

両足の高さを一定に保つことがコツ。慣れてきたら回数を増やし、より腹筋に負荷を与えてください。

ワキ腹をすっきりさせてくびれを作る「サイドブリッジ」

ワキ腹をスッキリさせるためのトレーニングです。ややキツかも知れませんが、がんばって実践していきましょう!

1.横向きの状態でドローイン

横向きに寝た状態でヒジを立ててください。この体勢でお腹を膨らませながら空気を吸い、お腹をへこませながら空気を吐きます(ドローイン)。

2.腰を浮かせてドローイン

同じ体勢のまま足を伸ばし、腰を浮かせます。斜めに一直線になるような形です。この体勢でドローインしながら10秒キープ。体勢が苦しい場合には、ヒザを床につけてもOKです。反対側も同じエクササイズを行い、これを1セットとします。計3~5セット行って終了です。

カンタンなエクササイズですが、筋力が低い人にとっては、けっこうキツいです。少しずつ体を慣らしていきながら、楽に感じられるほど筋力が付いたら、徐々にキープする時間を伸ばしていってください。

バランスボールを使ってお腹と内モモの同時痩せ!

バランスボールを使ったエクササイズです。お腹全体と内モモの同時痩せを目指すお得なトレーニングですよ!

1.まずは基本の体勢を作る

床に仰向けになり、左右の手のひらをお尻の両ワキあたりに置きましょう。

2.バランスボールを足ではさんで上下運動

伸ばしきった状態の両足の先で、大きくふくらませたバランスボールをはさみます。足にバランスボールをはさんだまま、バランスボールを上に持ち上げ、下に下げます。この動きを10往復行ってください。

バランスボールを上下させるときは、両足を伸ばした状態で。また、エクササイズ中は、バランスボールが床に付かないよう意識しましょう。

お腹痩せに効果的なヨガのポーズ

一見、カンタンそうに見えるエクササイズなのですが、実際にやってみると案外難しいですよ。ぜひチャレンジしてみてください。

1.背筋を伸ばして床に座る

両ヒザを立てた状態で、背筋を伸ばして床に座ります。背中や腰が丸まらないように、胸を張ってください。

2.V字の姿勢を20秒キープ

両手で両ヒザの裏を持ち、バランスを取りながら、少しずつ両ヒザを上に上げていきます。ヒザをしっかりと伸ばし、全身がV字になるようにしてください。背中や腰が丸まらないようにしてください。この体勢を20秒キープ。2~3セット行ってください。

ポーズを維持しているときは、肩などに力が入らないよう意識してください。V字の体勢がつらいと感じた場合には、ヒザを折り曲げても構いません。

記事タイトルとURLをコピーする

CATEGORY